ティルタ スダラマでムルカット-その1

前回のブログでも書きましたが、日本の友人がバリ島へキーボドを持ってきてくれたので、再びパソコンで文字が入力できるようになりましたヾ(o´∀`o)ノありがとう!

ということで、今回からは通常のブログにて復活いたします(*・`ω´・)ゞどうぞヨロシクです!

本当は前回、久しぶりにバリヒンドゥー的な内容を書こうかな~と思い、その内容を書いていたのですが・・・

書いている途中でキーボードが故障をしてしまい、放置状態になっていた内容がありますので、今回からはその続きを書いていきたいと思います(^∇^)ノ

バリヒンドゥー的な内容といっても、今回はバリヒンドゥーの祭事とかではなくて、習慣の1つについて書きたいと思います!

ちょうど日本は暑さが厳しい頃かと思いますので、涼し気な内容をお届けしたいと思いまして、タイトルが早口言葉みたいになっておりますが・・・「ムルカット」という習慣について、相変わらずの画像多めで書かせて頂きます~ヾ(o´∀`o)ノぜひぜひ、画像を見て涼しくなって下さい~

バリ島に詳しい方はご存知かと思いますが、「ムルカット」について簡単な説明を・・・日本語で簡単に言いますと「ムルカット→沐浴」と書かれることが多いのですが、感覚的には日本の「禊ぎ」に近いのかな~と思われる習慣です(=゚ω゚)ノ

バリ人はバリヒンドゥーの大きな祭事の前や、満月や新月の日(バリヒンドゥーにとっては大切な日なのです)などに、自身の穢れを聖なる水によって祓い清めるのです(絶対に全員がしなくてはならないという訳でもないです)。

滝などがある場所でムルカットをすることも多いので、パッと見た目は滝行にも見えますが、修行ではなくて、あくまでも穢れを祓い清めるために行うので「禊ぎ」と表現するのが近いと思います(=゚ω゚)ノ

もちろん、大きな祭事の前や満月・新月ではなくても自身に穢れを感じたり、「最近何だか調子が悪いな~」とか「ここのところ何だか嫌なことが続くな~」など、はたまた特にそういった事は無くても「何だかムルカットをしたい気分」だとか・・・

実際の所、理由は何でも良いのですが、そんな時に聖水が流れ出る寺院などへ行って禊ぎを行います!

ムルカットができる寺院と言えば、バリ島の代表的な観光地でもあり、ツアーなどでも行けるティルタウンプルがとっても有名ですが(もちろん、観光客もムルカットをすることができます)、実は寺院ではなくとも、海や川、滝、泉など・・・自然で清らかな水がある場所なら、ムルカットを行うことができます(*・`ω´・)ゞ結局水があればどこでもイイんかい?

なので、朝日が昇る頃、サーフィンをするわけでもなく、泳いでいる訳でもなく・・・人気のない海で浸かっているだけのバリ人を見かけたら、ムルカットをしているのだと思って下さい~(。>ω<。)ノ

ちょっと前置きが長くなりましたが、そんなこんなでK兄と私も昨年末に1年の穢れを祓い清めるべく・・・ムルカットをしてきましたので、その時の様子を画像と共にお伝えしたいと思いますヾ(・∀・)ノずい分前の話でスミマセン~

私達がムルカットへ向かった先は、バリ島のバンリ県にあるティルタスダラマ(Tirta Sudamala)という場所でして、寺院も併設されている、ムルカットではかなり有名な場所です~.゚+.(・∀・)゚+.

場所は



私はバリ島で初ムルカット、K兄もティルタスダラマでのムルカットは初めてになります~(゚∀゚)前から行ってみたかった!

ここが駐車場になります!
ここから先は、一般の車やバイクは乗り入れ禁止なので・・・
歩いてムルカットの場所へ向かいます~

170705_1.jpg

駐車場のワルンには・・・
ティルタ(聖水)を持ち帰るためのタンクが売っていました!
もちろん、タンクや水筒を持参しても大丈夫です~

170705_2.jpg

持ち帰り用にパイプから直接お水が汲めます!持ち帰ったお水はティルタ(聖水)として、日々のお祈りの時やお清めに使います~(^-^)/

こんな坂道をどんどん下って行くのですが・・・
このパターン、帰りはキツイやつだよな(;´Д`)ずっと上り坂~

170705_3.jpg

周りの景色はこんな感じで、いかにも秘境という雰囲気ですが・・・
行き交う人々が結構います!

170705_4.jpg

出店のようなワルンもたまにあって、
この場所の名物や特産品が売っています!
写真の緑色のジャムーは、どうやらここの名物らしい!?

170705_45.jpg

特産品は旬のサツマイモや果物、野菜などなど・・・
私達は搾りたてのココナッツオイル(写真手前)を帰りに購入しました!

170705_46.jpg

バイクでの送迎もあるようです!

170705_43.jpg

舗装された道路の脇をふと見ると・・・
綺麗な水がポコポコと湧いています!
透明で綺麗すぎる湧水なので、写真では分かりづらいかな(^_^;)

170705_5.jpg

1本道をひたすらと進んで行くと・・・
ティルタスダラマの入口に到着~ヽ(´∀`)ノ

170705_6.jpg

今度はひたすら石の階段を降りて行きます~
ここって、雨が降った後は滑りそうで怖いΣ(゚д゚|||)
そんでもって、これまた帰りがキツイやつだよな~Σ(´Д`*)

170705_7.jpg

階段を降りた先に、まずは寺院が見えてきました!
ティルタスダラマ寺院です~

170705_9.jpg

門が開かれているので、誰でも入って良い寺院のようなのですが・・・
ここでまずはお祈りをするのかな?と思ったら、K兄はスルーでした(・_・;)ナンデ?

170705_8.jpg

後でなぜお寺に入らなかったのか聞いてみたのですが、「今回はこのお寺に用事はないので入る必要はない」とか言っていました・・・が、ムルカットに来た人が、このお寺でお祈りをするかしないかは本人次第とのことで、お祈りをしたい人はしても良いと思うよと言っていました~Σ(゚Θ゚)

結局のところ、違うバンジャールが管理をしているお寺には、バリ人的に入りづらいのかも?とも思いましたが・・・私達はこの時普段着で行ったんだ~!よく考えたら、正装をしていないとお寺には入れないじゃないか(´∀`*;)ゞあ、観光で入れる寺院は、また別のシステムがあります!今回は割愛します~

なので、ティルタスダラマ寺院でお祈りをしたい方は、バリの正装を着用して、チャナン(お供え物)を持参して来て下さいね!ムルカットをする場所は寺院内ではないので、普段着でも入れます!

ムルカットに来ていた人達(バリ人)も、正装をしている人、普段着のままの人と様々だったので、服装については難しく考える必要は無いと思います(^∇^)ノ

但し、次回で書きますが、ムルカットをする前にお坊さんのところでお祈りをするので、カマン(下半身に巻く布)とスレンダン(腰に巻く帯のようなもの)を持参してくるのがベストです~(=゚ω゚)ノ

おお!ムルカットをする場所が見えてきました!

170705_10.jpg

わぁ~!皆ムルカットをしています!
この時は西洋人も2人ほどムルカットをしていました~(゚∀゚)

170705_11.jpg

この滝の様な場所の入口はこんな風になっています~

170705_14.jpg

先ほどの階段を降りると左手に着替えをしたり、休憩をする場所があります!有料の更衣室もありましたが・・・バリ島の更衣室なんて恐ろしくて使えないし、見るのも怖い~!絶対にビチョビチョだと思う(´;ω;`)ウッ…

更衣室の中を見ても当然写真などは撮れるはずもないし、更衣室を使うつもりもないので・・・あえて更衣室の中は確認をしませんでした!なので、中の様子は分からないです(^▽^;)臆病でスミマセン~

コインロッカー的なものがあったので、この中に荷物を入れました~
この時は1つ5千ルピア(約40~50円程度)で貸し出しをしていました!

170705_12.jpg

向かって右側には・・・こんな川があります!

170705_19.jpg

この川を目の当たりにした瞬間、K兄も私も「伊勢神宮の五十鈴川みたいだね!」と思わず言ってしまいました~!本来は五十鈴川もムルカットというか、禊ぎをする場所ですものね!こういう場所って共通点があるのだな~と思わずにはいられません( ‘o’)

ということで、次回はティルタスダラマで、実際にどんな感じで私達はムルカットをしたのか・・・などを詳しく書いていきたいと思います(^∇^)ノまたです~


*…..*…..*…..*…..*…..ここからは猫姉妹の登場です*…..*….*…..*…..*…..


今回はウナの登場です~!掃除機が入っていたこの箱ですが、最初はデュイのお気に入りだったのに・・・

今となってはウナの個室兼寝室みたいになっています~( *´艸`)

170705_50.jpg

ウナはこの箱でほぼヘソ天で過ごしているのですが・・・
こんな風ならまだ良いんですけどね・・・(^▽^;)

170705_49.jpg

おっと!胸毛ボーボーのボッサボサ(^▽^;)

170705_52.jpg

ヘソ天で、とってもご機嫌なウナです~(´∀`*)

170705_51.jpg

ところが・・・本気寝をする時は、この箱の中でこんな事になっています・・・
頭の向きも毎回同じ方向です・・・(-∀-)ナンデ?

170705_53.jpg

もう爆睡です!こんな時は撫でても起きません~Σ(´Д`*)
首は痛くないのかね(゚д゚)???

170705_61.jpg

ということで・・・こちらも次回へと続きます~ヽ(´∀`)ノ


最後までご覧いただきありがとうございます!


ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!



関連記事

スポンサーリンク

unnamed (2)

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

そうかー、朝ちょうど日の出頃に海に浸かってる人はよく見るけど、バリ人だったらムルカットしてるんでしょうね〜。
でも個人的には、やっぱり真水の方が気持ち良さそうだな〜と思います。
ムルカットはしたことないんですが、そういえばアユン川ラフティングをした時、
更衣室はあったけど、なんだか狭苦しくて使いづらかった!
外国人向けでもそうだから、基本的に地元向けのところは、あるだけマシって程度かもしれませんね。

持ち帰り用のポリタンクも売ってるのは面白いですね!
日本でも、神社の水とか名水とか、いっぱい汲んでく人いますもんね。

あ、この川の眺め、たしかに五十鈴川に似てますね!
私は高校の修学旅行で初めて伊勢神宮に行った時、みんなでワイワイと五十鈴川で手を洗ったのを思い出します。
4年前にも行ったんですが、相変わらず清らかな川で、昔はここで全身つかって禊する人もいたのかな〜なんて想像しました。
夏なら気持ちよさそう!
水で清める、っていうのは同じ感覚なんだな〜と思います。

掃除機の箱、ちょうどいい個室ですね!

ムルカットする人が多いと温泉の打たせ湯みたいですね。
自分が行った時は午後遅めだったんで人も少なくよかったですよ。
自分も更衣室は使う気にならず人も少なかったんで確かこのロッカーの前で着替えました。(^^;

Re: こんにちは

> 里花 さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

早朝の海でムルカットをしているバリ人、結構いるみたいでよく聞きます!細かく分けると、ムルカットをする場所は目的別だったりもするようなのですが、K兄が言うにはそこまでは考えず、海が近い人の場合、海でムルカットを気軽に行う方もいるようです。

ティルタスダラマの更衣室は一応男女別にはなっていましたが・・・やはり外から見ただけでも狭いのがわかるし、人も多く利用しているので入る気になれずです~(^▽^;)なので、行きはムルカット用の服装で向かった方が良いと思います!さすがに帰りはびしょ濡れなので、自然な景色を見ながら、テクニックを駆使して着替えましたよ~(笑)

そうそう!日本の神社や名水の場所でお水をもらって帰る感じと一緒だと思います!きっと入れ物を忘れてきちゃう人もいるのかも?同じポリタンクを持っている人も多かったです(1度買ってまた持ってきているのかな~と思います)!

今でも五十鈴川では神職の方の実習として、禊がおこなわれているようです。あと、禊体験なるものもあるようです。古事記の有名な物語にも、水での禊が登場するので、古来の日本ではポピュラーだったかもしれないですね!きっとムルカットと同じ感覚だと思います!バリでは未だ変わらずに行われているんだな~と思いました(^^)/

神宮の御手洗場や神社・仏閣の手水舎で手や口を清めるのは、禊を簡略化して行っているそうです!私も伊勢の神宮に行った時は、五十鈴川で御手洗場で手などを洗いました!真冬の早朝に行った時は、気が遠くなるほど寒かったですよ~(その後も手指の感覚が戻らずです笑)。

ふふふ!ウナの個室なかなかですよね(ボロイけど汗)!実はデュイにも本気寝用の個室があるんですよ~( *´艸`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> レガーニャ さん
コメントありがとうございます!

レガーニャさんが行った時の写真が頭から離れず、とうとう(といか大分前になってしまいましたが)ティルタスダラマに行ってきましたよ~(^^)/

滝の場所は打たせ湯よりは少し高さがありますが・・・人が並んでいると本当に打たせ湯みたいですね(笑)メチャ冷たい水が落ちてきますが・・・(^_^;)
私達が行った時も普段の日の午後だったので、そんなには混んでいなかったのですが、マントラを唱えながら長く水に打たれる方も多いので、その後が詰まってきて行列に~という感じでした!なので、タイミングによっては、あの滝の中に全く人がいない時もありました(^▽^;)

そうそう、次回に書きますが、私もあのロッカーの前で着替えました~(笑)

Re: タイトルなし

> 鍵コメK さん
コメントありがとうございます!

いえいえ、こちらこそご訪問ありがとうございます!来て下さるだけで嬉しいです(*'▽')お時間のある時にゆっくりとしていって下さいね(なにせ申し訳ない程長いので・・・汗)!

なんと!お母さんとお会いしたのですね!先日お母さんの記事を拝見していたのですが、Kさんもご参加されたのですね!そして今日だったんだ~Σ(゚Д゚)うわぁぁ~楽しそう(゚∀゚)ウラヤマ~ですよ( *´艸`)
とっても素敵な会だったみたいで良かったです!ブログへのアップ、楽しみにしていますね~(^O^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なるほど。
神様にお祈りを捧げる時、ちょっと特別な時は正装っていうの日本も同じですよね。
伊勢神宮にお参りに行った時も、ご祈祷していただく方はとても素敵な正装をされてしゃんとしておられました。私たちはご祈祷ではなく、観光客だったので、そんなことまで頭も回らず、この格好ではご祈祷は無理なのねと思ったことがありました。それと同じ感じですよね。

ムルカット、以前も少し説明してくださっていたので、今回はしっかり覚えていましたよ!意味もわかりました!
慣れない言葉や、環境の違いに私などは全くついていけませんが、シロブチさまのおかげで新しい習慣を知るきっかけをいただき、本当に知識を広げることができる嬉しいブログです!
またひとつ、賢くなった気がして、ほー、へーっと読み進めております。

ウナちゃーん、やっぱりめちゃくちゃ可愛いですよねぇ。
デュイちゃんも、もちろん負けてませんよ!
うちの地味なグレーとは比べ物にならない、ハッとする白さ。
美しいですねぇ。

場所は忘れましたが、初めてバリに行った時の観光ツアーでムルカット擬きをしましたよ~。
手をチャバチャバしただけなので擬きです(笑)
その時はロングのワンピースを着てたので、腰ヒモだけ借りて寺院に入ったのを思い出しました。
あー、青春の1ページ(笑)

ウナちゃん、モフモフ度UPしてませんか?
ふわふわで気持ち良さそう。
猫に箱を見せたらそうなりますよね~😁

Re: タイトルなし

> 鍵コメDさん
コメント&お祝いのお言葉をありがとうございます!

ジャムーですが、いろいろな植物やハーブ、スパイスなどの天然素材を調合したインドネシアに古来から伝わる漢方薬の様な物で、今回登場したフレッシュなも物や、粉薬、錠剤、液体状など形態も様々で、効能もたくさん種類があります!疲労回復の様な一般的な物や、ハゲに効くとか胸が大きくなるとかそんな冗談みたいな効能の物もあります(笑)
味は・・・何だか体には良さそうといった感じの味でして、大体が苦い物に甘い物を入れたような味で・・・決して美味しい感じではないです(^▽^;)
今回おばあちゃんが売っていたジャム―(手作り)は何に効くジャム―だったのかな?聞いておけば良かったです(汗)

バリ島の寺院、もう見慣れてしまっていて感じたことも無かったのですが、そういわれてみると確かにインディジョーンズに出てきそうな雰囲気ですね( *´艸`)今度お寺に行ったら、また別の視点で見れそう!

ふふふ!ウナのヘソ天もなかなか大胆ですよね(笑)デュイにも秘密基地があるので、そちらもいずれ登場させてみようと思います!

おお~!3日間で食べたのですね!何だかホッとしてしまいました~(笑)サッパリ系、とっても良いですね!そしてとってもお安い!!!

続きを楽しみにして下さりありがとうございます!私もムルカットしてきましたよ~(^^)/

Re: タイトルなし

> Anne ママ さん
コメントありがとうございます!

確かに!伊勢神宮でもご祈祷をして頂く場合は正装ですね!箱根神社でもご祈祷の際は、普段着でも正装になれるように、上から羽織るものが貸し出されます!バリでも観光客が寺院に入る時は、サロンやスレンダンが貸し出されるところがほとんどです!格好は違うけど、考え方としては一緒なのですね~!目からウロコです~(゚∀゚)

ムルカット、以前にAnneママさんがコメントを下さって、近いうちに詳しく書こうと思いつつ・・・なんだかんだで結局今になってしまいました~(^▽^;)
日本ではあまり必要のない感じの習慣というか内容になりますが、ご興味を持って下さりとっても嬉しいです!とっても励みになります!次回も頑張りますね~(*'▽')
私も未だバリ島の環境や習慣にはなかなかなじめない部分が多々あります。来たばかりの頃はそういうのを理解して、早くバリ人の様に出来るようにならないと・・・と焦った事もありましたが、今はほんの少しでも馴染むことができたらOKと思っています。今では「だって私は外国人(日本人)だもの~」って感じで開き直っていますよ(笑)

ウナをほめて下さって、とっても嬉しいです~!私も白猫のあの白さに呪縛をされてから、かれこれ30年近くが経ってしまいました~(汗)
何をおっしゃいますか!ロシアンズちゃん達の高貴な美しさは壮観ですよ~!いつも惚れ惚れと見入ってしまいます~!ロシアンブルーは昔からずーっと私の憧れの猫ちゃんです!そんで、いつの間にやら憧れは憧れのままの方が良いという感じになってしまっています~(笑)

Re: タイトルなし

> みかん さん
コメントありがとうございます!

おお!初バリ島でムルカット経験をするとは・・・なんとディープなツアーにご参加!ビックリです~Σ(゚Д゚)
いやいや~!手だけバシャバシャでもムルカットですよ!日本の神社の手水舎で手を洗うのと一緒だと思います!
確かに観光で行く寺院だと、サロンや腰ひもを貸し出していますものね!どこのお寺だったのか気になる~!ひょっとして、ティルタウンプルかな?私もまだ何も知らない観光客だった時に、前から行きたかったティルタウンプルにやっとこさ連れて行ってもらい感動しました~(*'▽')

ウナ、モフモフ度アップしているかしら?毎日一緒だから気が付いていないだけかも?もしかしたら今は乾季で涼しいから、冬毛というか、ちょっとだけモフ度がアップしているのかもです!あの箱、毎晩あんな感じでウナが使っているので、撤去できない箱の一つになっています(^▽^;)れうちゃんとショクパン、何回見てもモフモフのモチモチで癒されます~( *´艸`)

こんばんは~。。
新しいキーボードでサクサクッと打ち込んでいますか~^o^

バリヒンドゥーのムルカットは日本で言う滝行みたいな感じですね。。
神社に入る前に口や手を水で清めるような感覚かな~。。
水は神聖なものって、どの宗教でも言われるのですね^-^
ダンボーラーのウナちゃん、その中が安心で落ち着くのね~♪

Re: タイトルなし

> のん福レオのお母さん さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

キーボードは凄く調子が良くて、サクサク入力しています~!本当に気持ちが良いです!
ですが・・・ここ数日はネットの調子が~(涙)今日も先ほどようやくつながりました~(^▽^;)

今回のムルカットの場所は滝行みたいに見えますよね~( *´艸`)
神社に入る前の手を水で清めるのも、こちらにもあるのですよ!本当に日本と似ているところが多くあります!
ムルカットはどちらかというと、禊ぎのような感じです。水で体を清める感覚だと思います~!
そうですね!水ってどの宗教でも必ず神聖なものになりますよね!万国共通?やっぱり水は人間にとって凄く大切だというこなのだと思います(^^)/

お江戸とっても楽しそうでした~!千代ちゃんとスケ坊君の絵もすごく可愛らしくて素敵でした(*'▽')
ウナ、数ある箱の中でも、あのダンボールの中でしか爆睡はしないのですよ~!他の箱や場所だとウトウト程度しか寝ないので、あの箱が一番落ち着くのだと思います( *´艸`)たいした箱じゃないのに、何が他の箱と違うのか・・・私にはチンプンカンプンです(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

> 鍵コメD さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

おお!そうなのですね!そちらは猛暑かと思いきや、意外と過ごしやすい感じでなによりです(*'▽')
バリは今乾季なので、基本的には日陰にいれば涼しくて過ごしやすい感じなのですが、今年はちょっと気候がおかしくて・・・乾季なのに雨や曇りが多くて、とっても肌寒い日々です(とはいっても気温28℃位なのですが、体感的には不思議と肌寒いのですよ~)。ウナとデュイも寒いみたいで、鏡餅の箱の中や緑のアレ(掛け布団)の上で丸まっています( *´艸`)

うわ~!とっても嬉しいコメントをありがとうございます!私もDさんのブログは何回見てもニヤニヤが止まらず、ついつい毎日見てしまいます(^▽^;)
続きを楽しみにして下さり、本当にありがとうございます!ネットの不通と用事が重なってしまい、続きの更新が出来ていない状況なのですが、コツコツと書きすすめていますので(そしてネットが切れるの繰り返し汗)、もう少々お待ちくださいね~(^^)/

こんばんは!
ご無沙汰しておりました!

早口言葉のようなタイトルに笑。。。
はい!ささっと読めませんでしたw

緑の奥深そうな自然、
秘境という、語感と文字に心を強く惹かれます~
寺院の目的によって、服装に決まりがあるのですね。
ムルカットは、日本の滝行のようなものなのでしょうか?


ウナちゃん、お気に入りのお箱ですやすや気持よさそう!
でもなぜだか、腹筋を鍛えているように見えちゃうのは私だけかしら?このポーズ、どこをどう見ても明らかに爆睡!
これはもうどう呼んでも絶対起きませんねw

着替え事情、大変でしたね。
ちなみにこちらは海へ行くと、
日本の海の家なものは勿論のこと更衣室も無く、
あるのは真水のシャワーだけです。
水着&私服で車で来て、泳いで日光浴してそのまま帰ります~
あ、それからビーチにはレストランとかお店も何もありません~。

Re: タイトルなし

> katter さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

ふふふ!自分でタイトルを書いていて、早口言葉みたいだな~と思っちゃいました(^^ゞ

北欧の爽やかな緑とはまた違う緑ですよね!寺院は基本的にこちらの民族衣装の正装で行きます~!観光客が観光で訪れるような寺院だと、入口で下半身に巻く布と腰に巻く帯の様な物が貸し出されていまして、それを巻けば正装しているということになります~!

おお~!確かに、箱でへそ天をしているウナ、腹筋を鍛えているみたい~!ヨガもやるし、階段往復ダッシュも1日何回もやるし、腹筋まで・・・ウナは何を目指しているんでしょうかね(;・∀・)

着替えは小学生の時にプールに入る際、タオルを巻いて着替えたのを思い出して着替えました~(^▽^;)
そうそう、以前にkatterさんのブログでスウェーデンの海の記事を拝見しました!美しい景色なのですが、ガラーンとして人以外は何もない印象だったのですが、本当に何も無いのですね!!!お昼ご飯や飲み物とかは皆持参してくるのですか?それとも寒すぎてそんなに長い時間はいられないのかしら???
こちらのビーチはいろいろな物があって、ごっちゃごちゃしています~!国民性がでますね( *´艸`)
プロフィール

シロブチ

Author:シロブチ


2014年9月にバリ島へ移住をしてきました。
現在は夫、猫の姉妹と共に暮らしています。
バリ島への移住についてや猫との暮らし、日々の事などを書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします!


una&dwi(ウナ&デュイ)




ウナ:白 ♀
デュイ:白黒牛柄 ♀

2014年12月に同じお母さん猫から生まれた正真正銘の猫姉妹(似ていないけれど笑)です。
ノラ猫一家の里親募集がきっかけでうちの子のなりました(^∇^)ノ

その時のブログはコチラです→ 昨年の今日、うちにやってきました!





スポンサーリンク
unnamed (3)
最新コメント
掲載していただきました

ねこのきもち2016年4月号

nekonokimoti.jpg

付録巻末ページ「ワールド・ねこ・ライフ from Indonesia」に掲載

我が家のお宝
una1.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→わんにゃん365 『ウナちゃん』 その1

una2.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→色鉛筆講座 『ウナちゃん』 白の使い方 その1

リンク
最新記事一覧
ブログの一時休止についてのご挨拶と最近のウナ・デュイ 2017/10/15
今更ついでに・・・第39回PKBで見てきたジェゴグ(そして動画祭りです!) 2017/09/30
今更ついでに・・・第39回PKBで見てきたジェゴグ(そして動画祭りです!)についてを書こうと思ったら、アグン山の内容になってしまいました~ 2017/09/25
今更ですが、サヌールビレッジフェスティバルに初めて行ってきた!~舞台&バリ島のワイン編~ 2017/09/10
今更ですが、サヌールビレッジフェスティバルに初めて行ってきた!~屋台編~ 2017/08/29
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
Flag Counter
Flag Counter