合同ガベン(バリヒンドゥーのお葬式)-1日目

私がまだ日本にいる時に、バリ島に興味を持っている友人や知人からよくバリ島(バリヒンドゥー)のお葬式について聞かれました。

バリヒンドゥーのお葬式はちょっと特殊なので、バリ島に興味を持った人はその特殊なお葬式の内容についても知りたくなるのだと思います。

なので、いずれはブログに今年の6月に行われた合同ガベンの事を書こうと思っていたのですが、写真や内容のどこまでをブログに載せていいのか考えあぐねていました。

しかし近々ガベンがあるようなのでその前に書きたかったのと、K兄に確認をしてブログに載せて良い写真や内容のすり合わせができたので、今日から書きたいと思います。

但し私もバリヒンドゥー初心者で、儀式の流れを見て説明をK兄から聞いているだけなので、バリ人でも難解な儀式については解釈の間違いなどあるかもしれません。その辺はご容赦下さいますようお願いいたします。もし間違っている部分があれば教えて頂けますと幸いです。

だいぶ前ですが、K兄が所属する実家のバンジャールにて合同ガベンがありました。6月23・25・27日の3日間に渡ってのお葬式になります←バリ島では一般的な日数のようです。

このガベンで弔われる故人は25人です!近年のガベンの中では大きな合同ガベンになります。

3日間をかけてガベンを行いますが、準備自体は2週間~1ヶ月程かかりますので(ガベンの規模によります)、ガベンを行う事は大変な時間と労力とお金がかかります。それでも昔に比べると大分簡素化したようです。

まず、バリヒンドゥーのお葬式ですが、大きく分けて合同で行う場合と個人で行う場合があります。

その分け方ですが、様々な事情により一概にコレという物はありません。例えばその方の亡くなったタイミングや経済状況、カーストやガベンにかけられる手間、バリカレンダーとの兼ね合い、ガベンのタイミング、お坊さんの都合やバンジャールのシステム等ちょっとあげたら切りがない感じになります。

次にガベンのやり方や内容はバリ島の地方やバンジャール、カースト、お坊さん等によっても違ってきます。

これから書く内容はあくまでもバリ島におけるガベンの1つとしてお考え下さい。

また、1日目の内容はバリヒンドゥーのお葬式を全く知らない方にとって衝撃的な内容になります。お墓のような場所からの話になりますので、苦手な方はスルーをして下さい。1日目の写真はとてもブログには載せられないので、衝撃的な写真等は載っていません。

但しバリ人にとってこの儀式は衝撃的な物でもなんでもなく、昔から受け継がれている一般的な儀式の内容になります。

K兄実家のバンジャールでは、ガベンを行う際のお金や手間をなるべく省きシンプルに行うため、2~3年に一度大きな合同のガベンを行います。もちろん個別に行う方もいますが、タイミングがあえば大体のご遺族はこのガベンで故人を弔います。

個人のガベンは亡くなってからすぐに行う場合が多いのですが、合同ガベンの場合は亡くなってすぐにという訳にはいかないので、お墓の様な場所にご遺体を一時的に埋めておく必要があります(合同ガベンを行うタイミングで亡くなった場合は埋めません)。

1日目ですが、今回は午前2時にご遺体を一時的に埋めているお墓の様な所から始まります。そしてここからガベンがスタートします。

夜中から儀式を始めて夜明け前までに終わらせることで、眠っている故人の魂をガベンで弔うために、夜明けと共に眠りから覚ます意味があります。

そしてこの日までに遺族はl故人の魂を入れておくための入れ物を作っておきます。


魂の入れ物です。

150902_1.jpg

まずはガベンを行う事を告げる意味と故人の魂が彷徨わないで魂の入れ物に収まって無事天国へ行けるようマントラとお祈りを捧げます。

お墓の様な場所にはご遺体が埋まっています。このお墓のような場所はガベンを行うまでのご遺体の一時保管場所になっています。

穴を掘り、今回ガベンで弔うご遺体を取り出すためにご遺体に白い紐を巻きつけ一番近い親族がまずは引っ張り上げます(起きて~お葬式するからね~って感じのノリです)。その後は来ている親族も参加してご遺体を拾います。

ご遺体を拾った後の穴には、お供え物と生きた鶏(鶏は大体持ち帰ります)を入れて、故人の身代わりとして捧げます。穴は埋めずに開けておきます。

ほとんどのご遺体はお骨になっていますが、お骨になっていない場合は、その場で取りあえずの火葬を行いお骨にします。お骨は親族で水とアランアランという草で丁寧に清められます。

清めたお骨は白い布に包み、斎場の祭壇へ移されます。

その後魂を入れた入れ物を家族が持って、お坊さんが指定する場所へ行きます。その場所は自然の中の綺麗な水がある場所になります(山や川など)。

魂の入れ物に自然の綺麗な水をかけます。この儀式で故人の魂はこの世に別れを告げて天へ向かう準備をします。この世での最後の旅行みたいな感じです。

この様な流れでガベン1日目は終わります。翌日は静寂の日として何もせず、ガベン2日目は翌々日となります。次回はガベン2日目の様子を書きたいと思います。



デュイはよく段差に頭を乗せて寝ています・・・

150902_2.jpg

肩こりそう~

150902_3.jpg

小さい時はよく・・・

150902_4.jpg

ご飯のお皿に頭を乗せて寝ていました~^_^;

150902_5.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


スポンサーリンク

unnamed (2)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

シロブチ

Author:シロブチ


2014年9月にバリ島へ移住をしてきました。
現在は夫、猫の姉妹と共に暮らしています。
バリ島への移住についてや猫との暮らし、日々の事などを書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします!


una&dwi(ウナ&デュイ)




ウナ:白 ♀
デュイ:白黒牛柄 ♀

2014年12月に同じお母さん猫から生まれた正真正銘の猫姉妹(似ていないけれど笑)です。
ノラ猫一家の里親募集がきっかけでうちの子のなりました(^∇^)ノ

その時のブログはコチラです→昨年の今日、うちにやってきました!


  
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



スポンサーリンク
unnamed (3)
最新コメント
掲載していただきました

ねこのきもち2016年4月号

nekonokimoti.jpg

付録巻末ページ「ワールド・ねこ・ライフ from Indonesia」に掲載

我が家のお宝
una1.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→わんにゃん365 『ウナちゃん』 その1


una2.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→色鉛筆講座 『ウナちゃん』 白の使い方 その1

リンク
最新記事一覧
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-お宿編(Puri Bayu 2 Cottages ) 2017/06/17
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-後編&ウナからお知らせ再び 2017/06/09
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-前編&里親募集のお知らせ 2017/05/27
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-予告編(それとちょっとだけ電気の話&ウナからお知らせ) 2017/05/21
ご報告が遅くなりすみません!すっかり良くなりました! 2017/05/14
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
Flag Counter
Flag Counter