夏休み企画第1弾-トランスサルバギタのコツ②

続きがある内容にも関わらず、ブログの更新にかなりの日数がかかってしまい大変申し訳ないです

今回は前回の続きとトランスサルバギタについてのまとめや、利用する際のコツ(あくまでも主観です)などについて書きたいと思います(=゚ω゚)ノ

ということで、前回のおさらいから・・・

カルフール近くのバス停から自宅最寄りのバス停までは、まずヌサドゥア行きのトランスサルバギタに乗り、どこかで乗り換えてGWK行きのトランスサルバギタに乗らなくてはなりません(*・`ω´・)ゞ

トランスサルバギタでカルフール近くのバス停(Sunset Road Timur)に着いたは良いが、反対車線に帰りのバス停が見つからず、到着したバス停で路線図を見ながら悩みに悩んで途方に暮れた私ですが・・・

行きのトランスサルバギタで乗り換えをする際に「この後はバトゥブラン行きに乗れば良いんですよね?」と尋ねたところ・・・

車掌のお姉さんが「そうよ!あっ、それかヌサドゥア行きで!」と言っていたことをハッと思い出しましたΣ(゚Θ゚)

それって、それぞれ反対方面へ行くバスなのに、反対車線ではなく同じ車線の同じバス停に停車をするということなの(゚д゚)?

もしかして・・・もしかして・・・来た時と同じバス停から、バトゥブランとは反対方面のヌサドゥア行きバスに乗るのデスカ・・・((((;゚Д゚)))))))

もうそれしか考えられないので、一か八かの賭けで、カルフールで買い物をした後に来た時と同じバス停でバスを待つことに・・・

人って追いつめられるとヒラメキがありますね!車掌のお姉さんが何気に発した言葉を思い出すことができましたv(o゚∀゚o)v

来た時のバス停でバスの到着を待っていたら、バスが来て扉が開いたので「ヌサドゥア行き?」と車掌さんに聞いたところ「違います~」と言われ・・・

結構人が降りて来たので、それ以上は車掌さんに確認をすることが出来なかったのですが・・・

降りて来た人達がずっとバス停から離れないので「この人達はヌサドゥア行きのバスを待っているに違いない」と確信をしたものの・・・

皆、バイクのお迎えが来て去ってしまいました~Σ(´Д`*)やっぱヌサドゥア行きは来ないのかな~?

ところが、お子さん連れの男性が1人だけ残っていて、私に「どこへ行くの?」と聞いてきたので「GWKの方に行きたいんです・・・」と答えたら「私たちはヌサドゥアに行きます!」と言ってくれました(。>ω<。)ノ

大正解!行きも帰りも同じバス停でした~ヾ(o´∀`o)ノっていうか変なの・・・

トランスサルバギタは、バスの前面を見てもどこ行きなのか非常に分かりづらいのですが・・・

バス停に人がいると必ず停車し、開いたドアの近くに車掌さんがいるので、バスの行き先を確認することができます(・Д・)ノ

そんでもって、時刻は17時前頃でしたが・・・なかなかヌサドゥア行きが到着しません(*`・з・´)

結局1時間半近く待ちぼうけ・・・もう暗くなっちゃったよ~Σ(´Д`*)

お急ぎの場合、移動手段にトランスサルバギタを選択しない方が良いかと思われます(*・`ω´・)ゞいつくるかわかんないよ!

やっとヌサドァ行きのバスに乗り、車掌のお姉さんに「GWKに行きたい!」と伝えて合図を待っていました!

てっきり帰りも行きと同じ「Dewa Ruci」のバス停で乗り換えをするかと思ったのですが・・・

車掌のお姉さんに促されて降りた場所は「Kedonganan(クドガナン)」のバス停でした~Σ(´Д`*)もう、てごわすぎるよトランスサルバギタ!

そんでもって、GWK行きのバスに乗り換えて、ここからが最後の試練!

バス停の建物や看板すら無い(というか何も無い)場所である、自宅最寄りのバス停(というのか?)で降ろしてもらわなくてはなりません((´・ω・`;))

車掌のお姉さんは私が乗ってくるのを見るなり「まさか日本人?何か間違えている?」と思ったらしく「ヌサドゥア行きじゃありませんよ!GWK行きですよ!」と何度も言ってきたので・・・

※まさかこんな夜に1人で日本人おばさん女性がGWKへ行くなんて!あり得ないという感じだったのかと思います

「GWKに行きたいんです!GWKっていうか××(自宅最寄りバス停の名前)で降りたいんです!」と伝えたところ・・・

「そんなところありません!」と言われてしまい・・・

「どうしよう・・・帰れないかもしれない・・・」「GWKまで行って歩いて戻ってくるしかないのかな?」と一瞬頭をよぎりました・・・(ノ_<)

そうしたらトランスサルバギタの運転手さんが「○○○(うちのプルマハンの名前)のことじゃないか?」と車掌のお姉さんに伝えてくれて・・・

私も「そうです!そこです!」と訴えて、やっとバスに乗せてもらい・・・うちまで無事帰れました~Σ(´Д`*)あーヨカッタヨ

結局うちの自宅最寄りのバス停で降りるには、バス停の名前ではなくプルマハン(住宅街)の名前を伝えた方が良さそうです(○´・Д・`)ノ

まだまだ謎多きトランスサルバギタなので、今回の内容からトランスサルバギタに乗るのはハードルが高いかも!と思われた方もいらっしゃると思いますが・・・

時間に余裕があって、目的地がどの辺にあるのかが分かっているのならば、安全だし安いしでなかなか便利です(*・`ω´・)ゞ

ということで、ここからは今回のおさらいやまとめを書きます(=゚ω゚)ノ

今回帰りの路線で悩んだルートは下の写真の赤丸の場所です!実はこの路線図が一番分かりやすいのですが・・・

古くてうまく写真に撮れませんでした(綺麗な写真が撮れたら載せますね!)。

どうしても今すぐ見たい方はコチラGoogleの画像検索が開きますので、同じ画像を探してみて下さい!

160807_13.jpg

どうやらバトゥブラン行きも、ヌサドゥア行きも輪になっている部分を同じ方向へ進んで行き、輪をぐるりと回って「Dewa Ruci」からそれぞれの行き先へ分かれる経路になっていました(*`ω´*)

※クリックすると拡大します!
160811_12.jpg

なので、この輪の部分にあったカルフール近くのバス停の場合、どちらの方面に行く場合でも同じバス停から乗車をするというオチでした・・・説明が分かりづらくてゴメンナサイ!(;´・ω・)

ということで、今までトランスサルバギタに乗って分かった事をまとめてみたいと思いますヾ(o´∀`o)ノ

バリ州政府のサイトで調べたところ、今現在確実に運航しているトランスサルバギタは、主要3路線の循環バスと6路線のフィーダーバス(支線バス)のようです。

画像検索なんかをすると、ングラライ国際空港で停車をしているトランスサルバギタの写真が出てきますが、これについては情報が全くない上に私も使ったことがないので、今回は割愛させてただきます(多分旅行者は一番知りたいですよね・・・)。

何か分かったら、改めてブログに書きたいと思います(=゚ω゚)ノ

上のバリ州政府のサイトだと、すごく分かりずらいので、ネットで集めまくった情報も含め、トランスサルバギタのバス停の1部(全部は分からないので・・・)や経路などをまとめてみました!

気になる方はコチラ→運行しているトランスサルバギタの主な停留所や経路(2016年8月現在)(クリックすると拡大します!)
※時間がなくて、文字ばかりのつまらない画像ファイルで申し訳ないです
※ネットの情報で不確かな部分もありますので、経路の参考程度にご覧下さい

主要路線のトランスサルバギタが通っている経路やバス停は、Googleの地図検索をすると分かる場合もありますので、路線図とマップを見ながら目的地への経路の確認ができます(=゚ω゚)ノ

バス停を検索する時は「Halte ○○(○○停留所という意味)」と検索をすれば、バスの停留所の場所が分かりますが、他社のバス停が表示される場合もあるのでご注意下さい!


こんな感じです!



もし検索にコピペを使いたい方はコチラをどうぞ!
(ただのメモなので目が痛くなります!クリック注意!)

また、フィーダーバスの路線の方については、Google mapではほとんど確認ができないです(*`ェ´*)

フィーダーバスの路線を使いこなすのは、その路線の近隣に住んでいない限り難しいのではないかと思われます(*`ω´*)

次にトランスサルバギタに乗る場合の基本的なことについて書きたいと思います!※2016年8月現在の情報になります

乗る時に行き先を車掌さんへ伝えれば、降りる場所で教えてくれます

バスを乗り換える際も、最終目的地を伝えれば乗り換えのバス停でお知らせしてもらえます

バス停の名前がついていなかったり、バス停の建物が存在しない停留所があります

乗り換えせずに同じ路線内ならどこまで行っても乗車料金は同じです(都バスみたいな感じです)

KOTA⇔GWK・バトゥブラン⇔ヌサドゥア路線の乗車料金は大人3500ルピア、子供2500ルピアです
※その他の路線に関しては不明ですが、同じくらいの金額だと思います

料金は乗る時に車掌さんに払います(もしタイミングで払えない場合は、席に座ってから車掌さんが回収に来ます)

緑色のチケットの場合は半券を回収する場合があるので、紛失しないようご注意下さい(回収しない時もあります)

運行時間は5時~21時までですが、時刻表のようなものは見たことがありません

バスが来る時間が読めないので、お時間に余裕がある時にどうぞ!お急ぎの場合は違う交通手段をおすすめします!

そんでもって、次はトランスサルバギタを利用する際のコツ(勝手に私が感じたことです )を書きたいと思います(=゚ω゚)ノ

■バス停の名前にこだわらない!
トランスサルバギタはバス停の名前が不明なところも多いですが、行きたい目的地(今回はカルフールや自分のプルマハン)を車掌さんに伝えた方が通じる場合があります!降りるバス停の名前が分からない場合は、目的地(プルマハンや施設や通りの名前など)を伝えてみましょう!

■片言でも大丈夫(でした)!
pergi ke+目的地(プルギ ク カルフールなど・・・)の極簡単なインドネシア語でも車掌さんに伝わりました。ke+目的地(ク カルフールなど・・・)でもイケました(´∀`*;)ゞ

■バス停では、バスに乗る前にバスの行き先を確認しましょう!
車掌さんが必ず入口に居るので、一言だけでも確認した方が良いと思います!見た目ではどこ行きのバスなのかが分からない場合が多いです。

■降りるバス停(乗り換えの場合も)は車掌さんにお任せしましょう!
手すりをカンカン叩いて、バスの停車をお知らせしてくれます。行き先を伝えてあれば、目でわかるように合図を送ってくれますよ!乗り換える際に乗り換えのバス停が不明な場合は、最終的な目的地(乗り換え後に行きたい場所)を伝えれば、乗り換えのバス停で合図をしてくれます(^∇^)ノ

■経路確認やバス停のことなどは、直接トランスサルバギタに電話をして確認をした方が早くて簡単です!
インドネシア語ができればですが・・・私はまだ無理です(*ノェノ)
公開されているトランスサルバギタ電話番号:081-1385-0900 または0361239763

■いざという時のためにあらかじめゴジェックやUberタクシーのアプリをダウンロードしておきましょう!
万一迷ってしまった時や、急な予定変更にも対応できるので安心ですヾ(・∀・)ノ

今回トランスサルバギタに乗って分かった事はこんな感じでした!もしお時間のある方はチャレンジしてみて下さいね~(。>ω<。)ノ

そしてそして、以前もブログに載せましたが、こんなトランスサルバギタの路線図があって・・・


※クリックすると拡大します
160807_20.jpg

いろいろなサイトにもサヌール⇔ウブド路線は、2012年(または2015年)に開通予定と書いてあり・・・

先日ウブドに滞在している友人の誕生日だったので、トランスサルバギタでウブドまで行こうと思っていたのですが・・・

ウブドのどの辺にトランスサルバギタが停車をするのかが分からなかったので、K兄に電話で確認をしてもらったのです(`・ω・´)

そうしたらですね・・・まだサヌール⇔ウブド間のトランスサルバギタは開通していませんでしたΣ(´Д`*)もう分かりずらいな~

この日にウブドヘ行くのはあきらめましたが・・・「じゃあ、いったいどうすれば自力でうち(ジンバラン)からウブドまで行けるの?」

ということがキッカケになって、調べてみました~(。>ω<。)ノ

ということで、次回は夏休み企画第2弾-クラクラバスとプラマ社(ジンバランからウブドへみたいなやつ)についてを書きたいと思いますヾ(o´∀`o)ノ



デュイが相変わらずK兄の脱ぎ捨てたパジャマにうずくまっていますΣ(ω |||)

160811_1.jpg

うずくまったまま寝ちゃったのかな?

160811_2.jpg

顔がスッポリ!まるで変態!

160811_3.jpg

洗濯をしようとパジャマを掴んだら・・・

160811_4.jpg

なんと起きていました~Σ(´Д`*)手叩かれた!

160811_5.jpg

結局パジャマを奪うことは出来ず・・・(;´・ω・`)

160811_6.jpg

K兄のパジャマをギュっとしています( *´艸`)やっぱ変態!

160811_7.jpg


最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


関連記事

スポンサーリンク

unnamed (2)

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

サルバギタ手ごわいですね~!!
もっと分かりやすくしてくれたら、旅行者の方とかも気軽に利用できるんですけどね・・・
それにしても、あの低料金でずっと運営できているのが凄いです。

デュイちゃん、かわいいですね~♡
きっとK兄さん(の匂い?)が好きで好きでたまらないんでしょうね~^^

シロブチさん、こんにちは~。。
やっぱり、海外で一人でバスに乗るのは恐いです~^^;
きっと、もうツアーでしか行けないでしょうね(笑)
そんな私ですが、40年前にエジプトへ半年間の語学留学をしたんですよ~☆
青春時代の宝です^-^

すごく濃い内容! 次回バリに行く前にもういちどじっくり読まなくては。

気軽に使える公共の交通機関があれば、バリはもっと楽しいですよね。
ふらっと出かけたい時は結構あります。
カーチャーターやタクシー、日本に比べたら手軽だけど、結構当たりはずれもある(汗)
バイクはヘルメットが。。。

これ、使いこなせるようになりたいなあ。

デュイちゃん、かわいすぎます ❤×∞

これじゃあK兄様   もできませんね。←空欄には思い当たることばを入れましょう。ふふふ


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは!

> lotusya さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

トランスサルバギタですが、なかなかの手強さで・・・逆にそこが面白くなってきてしまいました(笑)
今のところ乗っている人達は、学校や職場など毎回決まった場所へ行く人が多い感じがします。そういう使い方なら混乱することも無いのかと思います。デンパサールはフィーダーバスの路線を含めるとかなり網羅されているので、羨ましい限りです(その前に使いこなせればの話ですが・・・)!


そうなんですよね・・・もっと分かりやすくなれば、旅行者も含めいろいろな方が利用できるのに~と思うともどかしい感じです(;´・ω・)
特に本来ならバイクを運転するにはまだ早い年齢の子供たちにとっては、バイクを運転しなくても出かけることが出来るので、安全だしお値段的にもすごく良いと思います。事業計画をしている路線が全線開通したらもうちょっとはマシな感じになるのかな?今後に期待したいところです(^O^)/

デュイだけじゃなくて、ウナも凄いK兄の体臭?が好きなんですよ!全身からマタタビエキスでも出しているんじゃないかと思うくらいです(笑)私の寝間着には見向きもしないので、なんだか妬けてきます(T_T)

Re: タイトルなし

> のん福レオのお母さん さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

海外に行って、いきなり公共のバスはやっぱり怖いですよね(汗)
私も昔に台湾で公共のバスに乗った時には、アナウンスも無いし(あっても分からないか笑)、次の停留所の表示などもされていなかったので、すごく遠くに連れていかれては怖いと思い早々に降りてしまいました。結局目的地まではかなり歩くことになってしまいました(;´・ω・)

40年前にエジプトへ留学なんて凄い!エジプトの遺跡を1度で良いから見てみたかったです!今となっては、あの辺りは怖くて旅行へ行くにも躊躇してしまう場所になってしまいましたよね(涙)本当に素敵なご経験をされたと思います(^O^)/

千代ちゃん、みるみるふっくらして表情も明るくなって、本当に元気になってきましたね(*^^)v
千代ちゃんはもう心配なさそうな雰囲気ですが、のんちゃんは大変でしたね(´;ω;`)
今はもうだいぶ回復しましたか?のんちゃんガンバレ~!

Re: タイトルなし

> キラキラおばちゃん さん
コメントありがとうございます!

うちから近くはないのですが、歩いて行ける範囲にトランスサルバギタのバス停があることをある方から教えてもらい、1人で遠出をしないとならない時にいつか使おうとずっと思っていました。満を持してPKBの時に使ってみたのですが・・・調べても調べても謎だらけで逆に面白くなってしまい、ついにブログに書いてしまいました~(汗)

今まで調べたことを一気に書いてしまったので、結構なボリュームになってしまいました(^^ゞ
在住の日本人でもあまり利用している人がいないので、こんなにトランスサルバギタにこだわって変な奴だと思われているかもしれません(;´・ω・)
ぜひぜひ、次回バリ島へお越しの際にはご参考いただけると嬉しいです!その頃にはサヌール⇔ウブド路線も開通していたらいいのにな・・・

本当、予約とか考えずに、出かけたい時にふらりと自由に出かけられる交通機関があれば、バリはもっと楽しくなりますよね!サヌール⇔ウブド路線以外にもタバナンやギャニャールなどいろいろな場所で開通する事業計画らしいです(トランスサルバギタのサルバギタはデンパサール市・バドゥン県・ギャニャール県・タバナン県から取った名前で、デンパサールと他3県をつなげる計画とのことです)。

なぞなぞ思わず吹き出しちゃいました(笑)次回はウナです。最近はK兄のことを「全身マタタビ男」と心の中でひっそりと呼んでいます( *´艸`)

Re: かわいいね

N さん
コメントありがとうございます!

うちの猫姉妹は私の服には見向きもしませんよ~!K兄ばかりです・・・(;´・ω・)

サルバギタ、すごく面白くてハマりました!一人旅気分です(^O^)/
うどん、いいですね( *´艸`)

サルバギタ、とても参考になりました!!
使いこなせたら、デンパサールやもしかしてウブドまで激安でいけたりして~とか甘いことを考えてましたが、今回の記事を読み進める毎に無理かも・・・と思い、1時間半待ったってところで絶対に乗らない・・・ヽ(`゚д゚lll)ノと思ってしまいました。

ご自宅付近にUberなどが来れないのは不便ですね。
我が家のあたりは来てもらえるのでけっこう利用しています。
Uberだとばれると、タクシードライバーと暴力沙汰のトラブルになるから、乗降時にUberなどの名前を出すなとよく言われます(;゚´Д`゚;)

クラクラバスもプラマも興味しんしんです。
楽しみにしてます!

こんにちは

トランスサルバギタ、安いのが魅力ですね〜やっぱり。
時間に余裕のある時、冒険気分で試したら面白そうだし、何回か乗れば慣れそうですね。
プラマ社のシャトルバスは、以前サヌール〜ウブド間で乗ったことがありますが、17年も前のことなので、今はどうなっているのか!?
そしてクラクラバスはまだ乗ったことがないので、これも興味あります。

パジャマに顔がすっぽりのデュイちゃん、可愛くて笑えます!

そうそう、昨日師匠のお見舞いで、初めてデンパサールのローカル病院に行きました〜。
シロブチさんの記事で予習?していたので、蚊除けクリームをしっかり塗っていきましたよ!
そこもやっぱり、デング熱患者がいっぱい入院していると言ってました。
おかげさまで蚊には喰われず、よかった・・・。

Re: タイトルなし

> つーこ さん
コメントありがとうございます!ご参考いただけて何よりです!

トランスサルバギタ、すぐに来ることもあるんですけどね・・・タイミングや時間帯、場所によっては、私のように1時間半待ちという最悪なことになりかねないです。一緒に待ていた子供連れのお父さんも「いつも遅いよ!まったく!」的なことを言っていました(^_^;)
お値段が魅力的なのに本当にもったいないですよね~!もっと皆が利用しやすいよう、分かりやすくなると良いですよね・・・
結局ウブドまで開通していないし、事業計画では2016年タバナン開通らしいのですが本当かな?と思っています。

Uber良いですよね!私の家の方だと車・バイク以外に遠出などをする場合は、もうトランスサルバギタかGOJEKの2択しかありません(T_T)確かに一時期GOJEKも含め、既存のタクシー関係者との暴力沙汰って結構ありましたよね(;´・ω・)
なんでそっちかな~と思います。暴力じゃなくて、企業努力とかサービスで戦って欲しいですよね!

次回を楽しみにして下さってありがとうございます!実は両方まだ乗ったことが無いので、私の思いの丈を書く感じになってしまうのですが、良かったらぜひ遊びに来てくださいね(^O^)/

Re: こんにちは

> 里花 さん
こんばんは!コメントありがとうございます!

昨日里花さんのブログを拝見してびっくりしました!お師匠さん、入院されてしまったのですね(T_T)
里花さんもせっかくバリに来ているのに、なかなかグンデルの練習が進まず切ないかと思います。お師匠さん、早く良くなりますように!
あ~やはり病院は未だにテング熱患者が多いのですね・・・実は先日甥っ子も初感染しました!もう、病院は蚊よけクリーム必須ですね!私の記事を思い出していただいたみたいで嬉しいです( *´艸`)

そうですね!時間さえあれば、トランスサルバギタで冒険も楽しいと思います!サヌールからなら直通でいろいろな場所に行けるので、話のネタに乗ってみるのも良いのではないかと思います(^^♪

プラマ社のバスやシステムも17年前とさほど変化はないと思います!クラクラバスは快適な感じでなかなか楽しそうなのですが、お値段はプラマ社の方がやっぱりお得です。
実は私もまだ両方とも乗ったことが無いのですが、ちょっと思うところがあって調べることになったので・・・ついでにブログに書こうかな~なんてつい思ってしまいました(^^ゞ

デュイ、変態丸出しですよね・・・人間だったらかなりヤバイやつです(笑)実はウナも変態です(;´・ω・)
プロフィール

シロブチ

Author:シロブチ


2014年9月にバリ島へ移住をしてきました。
現在は夫、猫の姉妹と共に暮らしています。
バリ島への移住についてや猫との暮らし、日々の事などを書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします!


una&dwi(ウナ&デュイ)




ウナ:白 ♀
デュイ:白黒牛柄 ♀

2014年12月に同じお母さん猫から生まれた正真正銘の猫姉妹(似ていないけれど笑)です。
ノラ猫一家の里親募集がきっかけでうちの子のなりました(^∇^)ノ

その時のブログはコチラです→ 昨年の今日、うちにやってきました!





スポンサーリンク
unnamed (3)
最新コメント
掲載していただきました

ねこのきもち2016年4月号

nekonokimoti.jpg

付録巻末ページ「ワールド・ねこ・ライフ from Indonesia」に掲載

我が家のお宝
una1.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→わんにゃん365 『ウナちゃん』 その1

una2.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→色鉛筆講座 『ウナちゃん』 白の使い方 その1

リンク
最新記事一覧
ティルタ スダラマでムルカット-その2 2017/08/08
ティルタ スダラマでムルカット-その1 2017/07/29
キーボード問題が解決しました! 2017/07/23
次から次へと・・・本当にへこみます・・・そして疲れてしまいましたorz 2017/07/05
それは突然の出来事だった・・・ストルバイト(クリスタル)-療法食編 2017/06/28
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
Flag Counter
Flag Counter