バリ島で春を感じた!

本日のジンバランは大雨と晴れ間が繰り返し訪れて、まさに雨季といった状態です

雨が降ると涼しくなるし、こんな雨の日に家の中でまったりとするのもなかなか良いものなのですが・・・

雨が強く降ると、どうしても雨漏り&カビが頭から離れず、全然楽しむことができません

先ほどいつも雨漏りをする場所をチェックしに行ったのですが、すでに「トン・トン・トン」と天井を叩く雨垂れの音がしていました~

あ~もう雨季嫌だ~(*`ω´*)

それはさておき・・・少し前の話になるのですが、市場で初めて手にした丸の筍(皮は剥かれてしまっていますが・・・)。


 160208_14.jpg

前に竹の子を手にした時は、手前の様にスライスされた物しか売っておらず・・・水に入って売られていたので、てっきり水煮の筍だと思い込み、筍ご飯を作りに失敗していたのです。

今回は丸の筍が手に入ったので、縦に半分にして下茹でをしてみました(=゚ω゚)ノ←本当は皮付きの筍が欲しかったな~( ノД`)

前にもちょっと書いたのですが、米ヌカが無い・・・というかまだバリ島で見かけた事すらないので、お米のとぎ汁で下茹でをしてみました(´・Д・)」

もともとアクの少ない筍なのか、エグミなども無くほどよい感じで茹で上がりましたヽ(´∀`)ノ

ほとんど米ばかり食べる国だから、絶対どこかに米ヌカがありそうなんだけどなぁ・・・(*`ω´*)

ということで・・・私にとって筍といえば、まずは筍ご飯ヾ(o´∀`o)ノ

早速、筍ご飯を作ろうとして、ふと気が付きました~←茹でる時には気が付かなかった・・・(´∀`*;)ゞ


筍の真ん中に空洞が無い・・・Σ(゚Θ゚)

160223_1.jpg

ヒマ人なのでちょっと調べてみたのですが・・・台湾にある有名な緑竹筍という筍も中に空洞が無いそうで、この品種の筍なのかなぁ

日本にいる時、K兄が青椒肉絲が好きだったのでよく作ったのですが、いつも筍の細切りをする時にあの空洞が邪魔だったんだよな・・・(*`・з・´)

しかも豚肉はブロックだと高いので、生姜焼き用の少しだけ厚めに切られた豚肉を買って細切りにしていたのですが・・・

やっぱり肉が薄すぎてくしゃくしゃになっちゃうし、筍の空洞部分もバラバラになっちゃうので、見た目がいつもイマイチだったんだよな・・・(*`ェ´*)

日本にいた時は厚切りの豚肉・牛肉や骨付きの鶏肉をよく探し回りましたが・・・今となっては薄切り肉とひき肉と骨無しの鶏肉が欲しいo(o・`з・´o)ノ←完全に無い物ねだりだな(-∀-)

そんでもって、この筍なら細切りにしても全然OKじゃん!青椒肉絲のためにあるような筍だ~ヾ(o´∀`o)ノ

バリ島の市場だと、豚肉はブロックしか手に入らないしね!青椒肉絲作りたい~と思ったのですが・・・

バリ島ってピーマンが無かったんだ~

グリーンのパプリカなら見た事はあるのだけれども、すっごく高いし・・・パパイヤスーパーとか外資系スーパーならピーマンあるのかな・・・?でも絶対に高いんだろうな・・・(-∀-)

ピーマン無しで作ろうかな・・・イヤ、それって青椒肉絲じゃないだろう・・・日本からピーマンの種を持ってきて育てるしかないのかΣ(ω |||)

バリ島ではひき肉が高いうえに良い物が手に入りずらいので、日本にいた時は安くて簡単お手軽メニューの麻婆豆腐がなにげに高級おかずになっちゃうし(絹ごし豆腐も高い)、ピーマンの肉詰めを作るなんて夢のまた夢だな・・・

なんでピーマンないのかな?もしかして子供みたいにバリ人が皆ピーマン嫌いとか?

よく分かりませんが、こんなことを書いていたら無性にピーマンが食べたくなってしまった・・・もうやめとこう

話を元に戻しまして・・・せっかく筍も手に入った事だし、葉っぱがボーボーだけどワラビも買ってきたので(なぜかバリ島のワラビは葉っぱが凄い)、久しぶりに純な和食を作りました(*・`ω´・)ゞ

ごま油でワラビと筍を炒めて、出汁とみりんと醤油で炒め煮にしました!

160223_2.jpg

もちろん筍ご飯も作りました!またも油揚げがなかったので・・・
前回と同じ出汁と薄口醤油、塩、酒、オリーブオイルで炊きました(〃▽〃)

160223_3.jpg

前にパサールイカンで買ったシロダイに似た魚の塩焼きです!
軽く酒を振って、塩焼きにしました~

160223_4.jpg

すっごく身がふっくらで、日本の割烹で食べているような錯覚を起こしました~
サンバル・マタも用意したのですが、そのままで本当に美味しかったので・・・
魚がもったいないので、サンバルは使いませんでした(//>ω<)

160223_5.jpg

もうこの組み合わせは、これしかありません(*・`ω´・)ゞ
久保田が久しぶりに登場!
鯛っぽい塩焼きと筍に本当によく合う~幸せだ~(〃▽〃)

160223_6.jpg

ちなみに塩焼きにした魚はです!
向かって右側のお魚、新鮮だったら本当におススメです(。>ω<。)ノ

160208_15.jpg

筍といい、ワラビといい、鯛っぽいお魚といい・・・バリ島にいながら日本の春を感じた日でしたヾ(o´∀`o)ノ

日本はもうすぐそんな季節になりますね(^∇^)ノ



クニンガンの日・・・
疲労困憊でお祈りの後に倒れ込んだK兄(*` 艸 ´)

160223_7.jpg

どうやらウナをナデナデしていたようです・・・
ウナも一緒にぐっすりです~(´∀`*)

160223_8.jpg

こちらは爆睡中のデュイ・・・
最近デュイのこの部分が気になって仕方がありませんΣ(´Д`*)

160223_9.jpg

人間でいうと脇毛の部分だよね・・・
すっごく長~い脇毛(*` 艸 ´)

160223_10.jpg

手をはなしてもピンと立ったままの脇毛・・・(゚∀゚)

160223_11.jpg


今日は全体的に取りとめのない内容になってしまったような気がしますが・・・
最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

自家製ワイン最終報告

本来はもっと早くに書こうと思っていた自家製ワインの感想ですが、暫くのネット回線不通により今日やっと書くことができます(=゚ω゚)ノ

実はワインを1週間熟成させようと思っていたのですが・・・

K兄が我慢を出来ず、自家製ワインを冷蔵庫に入れてから3日目に1本飲んでしまいました~(。>ω<。)ノ

なので、その時の感想やもろもろを含め、お伝えをしたいと思います(・Д・)ノ


グラスに注いだ自家製ワインです!
色はまずまずかな・・・(*` 艸 ´)

160131_1.jpg

この日は海藻サラダと豚肉のソテー(市場仕入れ)と一緒にいただきました!
ソテーのソースはにんにく焦がしバター醤油です~(^∇^)

160131_2.jpg

このパン、甘みが無くて素朴な味で何気に好きです(´∀`*)
バリ島のパン屋さんのパンって、菓子パンじゃなくても甘いんだよね・・・
甘くないので食事の時に向いています!
ンガサンにあるニルマラスーパーでしか見た事が無いです(゚∀゚)


160131_3.jpg

ワインの味は・・・うん!いい感じ~(* ´ ▽ ` *)

これはまさしくワインだ!と思ったのですが・・・ほのかに消毒薬の匂いがしなくもない・・・(-∀-)

う~ん・・・気のせいなのか?ぶどうの発酵した独特の匂いなのか・・・?と思っていたらK兄が「何かガーゼの匂いがしているかもしれない・・・(-∀-)」と言い出し・・・Σ(゚Θ゚)

どうやらワインを瓶詰めにする時に、ワインを漉すために使ったガーゼの匂いがワインに移ってしまったようです~Σ(´Д`*)

惜しい!非常に惜しい!味は凄く良いのに~(つω-`。)

しかもグラスに注いでから少ずつ風味も変わって、本当にワインを飲んでいるかのようです←というかワインか・・・(゚∀゚)

これは・・・次にワインを造る時の課題だな・・・・(*`ω´*)

そして今日は自家製ワインを熟成して丁度1週間・・・一番良い時だと思うので、2本目を空けたい開けたいと思います~ヾ(o´∀`o)ノ

ということで・・・この度の自家製ワイン造りについて、私のブログをご覧いただいた方よりいろいろと教えていただきましたので、その貴重なご意見や私の失敗談感じたことなどをまとめます(=゚ω゚)ノ

ぶどうはさっと洗っても大丈夫です←Chiyoさんより

砂糖の分量が適当だったり、発酵中に多少放置しても全然OK←MaiMai Bali のブログマンアユさんより

思ったより簡単にできます←Chiyoさんより

思ったより簡単でした!早くやればよかった~←シロブチ

アルコール消毒も必要ないかも←MaiMai Bali のブログマンアユさんより

ワインを漉す布は日本の手拭いがベストです←Chiyoさんより

バリ島の薬局で買ったガーゼでワインを漉すのはやめましょう!薬臭くなります~←シロブチ

冷蔵庫に入れて3日経つとコクが出て飲めます←MaiMai Bali のブログマンアユさんより

確かに蔵庫に入れて3日で飲めました!結構イケていました←シロブチ

ワインを造って1ヶ月位経つと味がボケます←Chiyoさんより

危ない危ない!1ヶ月熟成させるところでした!←シロブチ

もしワインが酸っぱくなってしまったらワイン酢にしたり、味がボケたワインはワイン煮込みのお料理に使えます←Chiyoさんより

ワイン煮込みなんて、バリ島はワインが高くて考えもしませんでした!それはそれで楽しみです!←シロブチ

Chiyoさん、マンアユさん、アドバイスをいただき本当にありがとうございました~(。>ω<。)ノ

これから自家製ワイン造りに挑戦をしたいと思っている方がいらっしゃいましたら、いよいよ初挑戦!ワイン日記(自家製ワイン経過報告)と共にご参考下さいね~(^∇^)ノ

私達は今回ちょっと失敗もあったので、ぜひリベンジしたいと思っています・・・というか、ぶどうが高くなければ自家製ワインをもっと造ろうと心に決めました~←その前にワインを漉す布探してこなくちゃだなぁ~Σ(´Д`*)



いつも気を付けていたのですが・・・
とうとうやられてしまいました・・・Σ(ω |||)
どうやらトイレの扉がきっちりと閉まっていなかったようです(*`ω´*)

160131_4.jpg

あわわ・・・そこで遊ばないで~Σ(´Д`*)

160131_5.jpg

こ・・・これは・・・
猫と暮らしていると誰もが恐れるヤツ・・・(*`ω´*)

160131_8.jpg

犯人は・・・

160131_6.jpg

コイツかっΣ(ω |||)

160131_7.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

ワイン日記(自家製ワイン経過報告)

先日、自家製赤ワインにいよいよ着手したことを書きましたが・・・

ワインの発酵も終わったようなので、昨日は無事にそのワインを瓶に詰めました~ ←ただ今熟成期間に入りました(*・`ω´・)ゞ

ということで、今回は備忘録を兼ねまして、ワイン発酵期間~瓶詰めまでの経過を書きたいと思います(=゚ω゚)ノ

自家製の赤ワインを仕込んだのは、先週の日曜日(1月17日)です(^∇^)ノ

昼・夜(夜中?)に1日2回、消毒したお玉でかき混ぜていました!

ポイントとしてはカビ防止のため、ぶどうの皮などを乾燥させないよう、まんべんなくかき混ぜるというところらしい・・・(゚∀゚)

1日目 1月18日(月)天気:晴れ 気温:昼33℃・夜32℃

ワインを発酵させている瓶を入れている箱を空けると・・・
フワッとワインっぽい香りがしました( ^ω^ )
瓶の蓋を開けたときの様子です!

160124_1.jpg

かき混ぜると炭酸ガスの泡が・・・
気温が高かったからなのか、もう発酵が始まっていますΣ(゚Θ゚)

160124_2.jpg

色はこんな感じです・・・
ワインを仕込んだ時よりも赤みが増しています!
仕込んだ時はぶどうその物という感じの味でしたが・・・
市販の美味しいぶどうジュースという感じの味になっていまいした!
でも、まだかなり甘い・・・(*`・з・´)

160124_3.jpg

2日目 1月19日(火)天気:晴れ 気温:昼33℃・夜32℃

まだかなり炭酸ガスの泡が立っています!
この日は色のチェックの写真を撮り忘れました~Σ(´Д`*)
味見をすると・・・まだ甘いけど昨日よりはマシな状態・・・
ぶどうジュースというよりは、なんとなくワインっぽい味がします!

160124_4.jpg

3日目 1月20日(水)天気:晴れ 気温:昼33℃・夜32℃

蓋を開けた時の状態・・・

160124_5.jpg

かき混ぜるとまだまだ炭酸ガスの泡が出ます!

160124_6.jpg

色もだいぶ深みが増しました!
味見をすると・・・甘さはほとんど残っておらず・・・
ワインっぽい酸味が出て来ました~
でも、まだアルコールというよりは・・・
甘くなくて酸味のあるぶどうジュース・・・(*`ω´*)

160124_7.jpg

4日目 1月21日(木) 天気:晴れ 気温:昼33℃・夜32℃

お玉でかき混ぜると・・・まだまだ泡が立ちますが・・・
炭酸ガスの泡が昨日よりもグッと減りました!

160124_8.jpg

色はこんな感じです!昨日とほぼ変わらないかな~!?
でもちょっとだけ濃い色になった!?
味は昨日よりも少し酸味が強くなり・・・
アルコールっぽさもちょっとだけ感じました(`・ω・´)

160124_9.jpg

5日目 1月22日(金)天気:大雨→晴れ→雨→晴れ 気温:昼32℃・夜31℃

お玉でかき混ぜると炭酸ガスの泡はほとんど出ませんΣ(゚Θ゚)
全体的にもったりとしてきて、皮などはとろけそうな感じになっています!

160124_10.jpg

色もかなりワインっぽい・・・
昨日まで強めだった酸味もグッと減り・・・
アルコールっぽい香りがします!
味に渋みも出て、ボジョレーヌーボ(赤)のような感じに・・・(゚∀゚)


160124_11.jpg

ということで・・・炭酸ガスの泡もほとんど出てこないし・・・もう発酵が終了(-∀-)!?

と思ったので・・・腐るもしくはお酢になってしまう前に何とかしないと・・・今回は失敗したくないな~と焦る気持ちもあり・・・

バリ島に来てからたまにワインを買うと「いずれ自家製ワインを入れよう!」と思い、洗ってチョコチョコと保管をしていたワインの瓶に詰める事にしました~ヽ(´∀`)ノ

実はワインを漉すこの段階の情報は、ネットで検索をしても余り詳しく載っていなかったので、一番悩んだ部分でもありました~(´д⊂)

さらし布で絞ればいいのか・・・バリ島にさらし布なんか売っているのか・・・売っていても洗って使わないとならないよね・・・待てよ、目の細かいザルで漉すだけでもいいのか?やっぱそれだとカスが入るよな・・・しかも目の細かいザルなんてバリ島に売っているのか?見た事ないな・・・でも布で絞ると瓶には直接ワインを入れられないよな・・・それはメンドクサイ(*`ω´*)

という感じでですね・・・昨年の一時帰国(3月上旬頃)より前から悩んでいました(´・Д・)」

日本でワインを漉す器具や漉し布を買ってこようとネットショップの検索もしました(・Д・)ノ

でも、日本から持ち帰りたい荷物が山ほどありまして・・・やるかやらないかもわからないワイン造りのために器具や漉し布を持ち帰る余裕も無く・・・

でも、やっぱり日本で買っておけばよかった~Σ(´Д`*)と少し後悔しましたけど・・・

でも、もうそれは無理なので・・・バリ島にある物でなんとかしなくてはならず・・・頭のどこかでずっとワインを何で漉そうか、日々考えていました・・・←ただの暇人(゚∀゚)!?

ということで、このワインを漉す部分をブログにしっかりと記録をしたかったのですが・・・・

土曜日に私がお風呂掃除をしている間にですね・・・休みだったK兄が待ちきれずにワインの瓶詰を終わらせてしまいました~o(o・`з・´o)ノ

なので、ワインを瓶詰している作業風景の写真がありません・・・

仕方がないので・・・せめてどのような雰囲気でワインの瓶詰を行ったかだけでもお伝えしたいと思います


目の細かいザルがたまたま売っていたので・・・
このザルでワインを漉そうと思い、このザルが収まる漏斗を買いました!
これで直接ワインの瓶にワインを詰めることができるなv(o゚∀゚o)v
と思ったのですが・・・網目が詰まったら元も子もないと考え・・・

160124_13.jpg

ガーゼを薬局で買ってきました~

160124_12.jpg

の様な状態で、網の上にガーゼを敷いて・・・
網の上で軽くガーゼを絞りながらワインを漉したとのことです~(`・ω・´)

160124_14.jpg

買ってきた漏斗が若干大きすぎてワインの瓶に刺し込めずΣ(ω |||)
大きい漏斗の下に小さい漏斗を置いて、ワインの瓶詰をしました!
もう少し小さい漏斗を用意しないとな・・・

瓶詰が終わったワインです!ぶどう3kgで3本弱できました!
自家製ワインの仕込みから、たったの7日間で出来てしまいしたヾ(o´∀`o)ノ


160124_15.jpg

あとはこの瓶を冷蔵庫に入れて、発酵を止めて熟成させます~(*´ω`)┛

ここでまた悩んでいます・・・熟成開始から1週間位で飲めるようになるらしいのですが・・・1ヶ月位は放っておいた方が美味しくなるのかな・・・?←今K兄と協議中です(○´・Д・`)ノ

日本では1%以上の度数があるアルコールを自宅で作ると違法なのでご注意下さい!日本で自家製ワインを造る際は、アルコール度数1%未満で作って下さいね(=゚ω゚)ノ ←でも日本ならぶどうを買ってワインを造るよりも、ワインを買ってきた方が安いし早いし美味しいよな・・・いいな~( ノД`)/


最近のウナのお気に入りの場所です!外を眺めています~

160124_16.jpg

真剣な顔です!何を見てるの?
ちなみにウナはK兄や私が外にいるのを見ると・・・
早く家に入れと怒って鳴きます~Σ(´Д`*)

160124_17.jpg

デュイも来ました~
ウナと一緒に外の観察です!

160124_18.jpg

デュイも真剣!
ちなみにデュイは抱っこで窓に近づけると怒りますΣ(ω |||)

160124_19.jpg


最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

いよいよ初挑戦!

先週になりますが、市場に行った時にぶどうが1kg1万5千ルピア(130円位)だったので・・・
すっごく安いという訳でも無いのですが、いよいよアレに挑戦をしたいと思い、ぶどう3kgを購入しました(。>ω<。)ノ

とてもK兄と私2人だけでは、消費不可能だと思われる量のぶどうを購入したということで、もうお分かりだとは思いますが 手作り赤ワイン に初挑戦ですヾ(・∀・)ノ

バリ島ではどんなに安い国産ワインでも、1本16万(1400円位)ルピアくらいはするんです・・・(ノ_<)

バリ島の一般人の月額平均収入が日本人の約1/8~1/10と考えれば、安い国産ワインでも感覚的に1万3000円位を出して買うような物なのです(*`ω´*)

輸入物のワインはさらに高くてですね・・・日本で700円で売っていたワインが25万ルピア(2100円位)で売っているのを見たこともありますo(o・`з・´o)ノ

もうバカバカしくて、ワインは買っていられないのですよ(たまに買っちゃっていましたが )・・・

なのでいつもこのブログで国産ウォッカとかアラックで凌いでいるのを書いてきましたが・・・

実は私一番好きなお酒はワインなのですヽ(`ω´*)ノ彡☆

次が日本酒と焼酎で、次がラムで、次がジンで、次がウォッカで、次がビールとチューハイで、次が・・・キリが無いのでやめます・・・ ←結局お酒なら何でもいい・・・

1年ちょっと前位から、バリ島在住の方達のブログを読んでずっと作ってみたかった赤ワイン・・・

K兄にずっとその事を言ってきたのですが「成功するかわからないのに・・・そんな物を作るのにぶどうは高すぎる!」と今まで反対をされて、ぶどうを買ってもらえず・・・

ところがですね・・・以前ヌガラでの結婚式で、MaiMai Bali のブログを書いていらっしゃるマンアユさんにお会いして・・・

K兄がマンアユさんから手作りワインの話を聞きまして、やっと赤ワイン造りをやる気になったようです←私の話は一切信用しないK兄・・・(*`ェ´*) まぁそれよりも・・・マンアユさんその節はありがとうございました~(^∇^)ノ

今までずっといろいろな方のワイン造りのブログを読んできたので、内容だけはバッチリ頭に入っています(*・`ω´・)ゞ←こんなことばっかり記憶力が良い・・・

ということで、先日の日曜日に赤ワインの仕込みをしました~v(o゚∀゚o)v

取りあえず、ワインを発酵させる入れ物が家には無かったので、蓋付きのバケツでも買おうかと思ったのですが、適当な大きさの物が無くてですね・・・

ACEでナッツを入れておくような蓋付きの瓶が、たまたまディスカウントで安く売っていたので、蓋付きの瓶でワインを発酵させることにしました(=゚ω゚)ノ

その他に準備した物はです!

ぶどう 3kg
砂糖 ぶどうの重さの10%
95%アルコール(器具や手袋の消毒用)

K兄に消毒用70%アルコールを買って来てとお使いを頼んだらですね・・・

店員さんに「95%の方がいいじゃん」的に勧められて・・・95%アルコールを買ってきやがった・・・ 本人いわく70%アルコールが無かったとか言い訳していましたが・・・ホントカ?もぅ男にお使い頼むとロクな物買ってこないブツブツ

私もバリ島に来てからロクに頭を使っていないので・・・すっかり95%アルコールを70%に希釈する計算が分からなくなってしまっていてですね・・・←本当にアホ

ネットで調べてなんとか95%を70%に希釈する計算をしましてですね・・・

水41mlとか微妙に計りずらい分量の答えが出て(うちの計量カップは50ml以下の目盛りナシ)・・・はっきり言って、ワインよりも消毒用アルコールを作る方が大変でしたよ(*`皿´*)ノ

とまぁ、それはさておおき・・・ここからはワイン造りの様子について、備忘録を兼ねて載せたいと思います(=゚ω゚)ノ


やっとこさ作った間違っているかもしれない消毒用アルコール

160120_1.jpg

初めてのワイン造りなので・・・
まずはお試しでぶどうを3kg!


160120_2.jpg

まず最初に悩んだのが、このぶどう・・・初めてのワイン造りなのでセオリー通りにやりたかったのですが、その場合はぶどうを洗ってはいけない(ぶどうの皮の周りに発酵を促す酵母が付いている)・・・

ぶどうを洗った場合はイースト菌を仕込む(でも失敗したり味が落ちる)というところです・・・(*`ω´*)

あのバリ島の市場で買ったぶどう・・・洗いたい!非常に洗いたい!でもイースト菌を使うと失敗しやすいor味が良くないというところで、最後まで悩みましたが・・・

昔のヨーロッパ人はきっと、洗っていないぶどうを洗っていない素足で踏んで潰していたんだ!そういうものなんだワインって!と無理くり自分に言い聞かせて、今回はぶどうを洗わないことにしました~ヽ(#`_つ´)ノ

発酵用の瓶はとても煮沸消毒ができる代物じゃなかったので・・・瓶をあらかじめ前日に洗って乾かし、アルコール消毒をして自然乾燥させました!


うちにはミキサーが無いので手でぶどうを潰します!
大きいボールが無いので、炊飯器の内釜を消毒して使いました~

160120_3.jpg

手で大量のぶどうを潰すのはきっと大変だろうな~と思っていたら・・・
意外にもあっさり潰れてくれました(*` 艸 ´)

160120_4.jpg

K兄もやりたかったみたいで、パスタ鍋でぶどうを潰しています!

160120_5.jpg

うかれてすっかりボケていて・・・
砂糖を入れる事を忘れていました~Σ(´Д`*)
ぶどうの重量を計り忘れた~

仕方が無いのでぶどうを潰してから重量を計りました!
瓶の重さを差し引いて正味2615g・・・


160120_6.jpg

この場合、正味のぶどうの重量に対して10%の砂糖でいいのか?それとも房付きの状態での重量なのか?市場で3kgとはいえあの量りでは絶対に正確な重さじゃないよな・・・と悩みつつ・・・正味の重量を選択!

余りの砂糖の量に慄いて端数は切り捨てました・・・

うちは砂糖を料理や飲み物にほとんど使わないので、半年以上前に買った砂糖が全然減らずにいたのですが・・・一気に砂糖が無くなってさっぱりした(゚∀゚)


160120_7.jpg

入れ忘れた砂糖をザザザ~

160120_8.jpg

グルグル~

160120_9.jpg

ということで、一応出来上がりましたv(o゚∀゚o)v
まだ変な色のジュースで・・・
味見をしたら、ただの劇甘ぶどうの味Σ(´Д`*)
この瓶の蓋、ゆるくていい感じにガスが抜けそうです!

160120_10.jpg

光に当たっているとあまり良くないかな~と思い・・・
箱入り娘として育てることにしました~(^∇^)ノ

160120_11.jpg

良い子に育つんだよ~( ^ω^ )


160120_12.jpg

ということで・・・消毒をしたお玉で毎日2回かき混ぜて、今現在3日経ちますがワインの素はなんとか発酵をしているようです(=゚ω゚)ノ

ワイン造りの経過報告は後日ブログに書きたいと思っていますので、ご覧いただけますと幸いです(^∇^)ノ


果たしてうまくいくのだろうか!?


納戸でカシャーンと聞こえたので・・・
行ってみるとデュイが脚立に乗っていましたΣ(゚Θ゚)

160120_13.jpg

私の目には見えない何かを追っています・・・Σ(ω |||)

160120_14.jpg

多分チチャだと思いますが・・・Σ(´Д`*)

160120_15.jpg

この写真・・・下が脚立では無く、可愛い椅子とかなら・・・
カレンダーにしたい感じの写真なのに~

160120_16.jpg

惜しいな・・・

160120_17.jpg


最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

お試し筍ご飯

日本に住んでいた時、大好きで尚且つ簡単に手に入った食品・・・タケノコ

以前に海藻(食用)について大好きだと書きましたが、タケノコは海藻以上に大好きな食べ物です!物心ついた頃から1番と言っても良い位、大好きな食べ物でもあります~(^∇^)ノ

水煮パックのタケノコも好きですが、掘りたてタケノコは本当に美味しくて・・・もう~大好きです(。>ω<。)ノ

もしも「人生最後の晩餐は何が良い?」と聞かれたら、私は間違いなく旬のタケノコを入れて作った筍ご飯を選択します

子供の頃のアルバムを見ると、1歳の誕生日に祖母が作った筍ご飯を美味しそうに食べている私の写真があります(´∀`*;)ゞ

きっとこの時に食べた筍ご飯が、強烈にインプットされてしまったのではないかと今では思っています(//>ω<)

まぁ幼い頃の話はさておき、バリ島には竹があるし、竹で出来た家具や工芸品もあるので、絶対にタケノコが存在するだろうと常々思っていました(´・Д・)」

なのでバリ島で海藻を食べるより、もっと簡単にタケノコが手に入るだろうと思っていたのですが・・・なかなかタケノコと巡り合えません・・・

K兄が言うには、昔はタケノコを豚の餌としてよくあげていたけど、バリ島で人間がタケノコを食べているところは見たことが無いそうですΣ(゚д゚|||)

でもバリ島へ来てから、何かのテレビ番組でタケノコ料理(インドネシアのどの島かは不明)を見たことがあります(=゚ω゚)ノ絶対に人間も食べているはず・・・

そして、数週間前になるのですが、とうとうタケノコを見つけました! 発見場所はお馴染みのデンパサールにあるパサールクンバサリです~ヽ(´∀`)ノ←さすがはパサールクンバサリ

スライスされたタケノコが、水と一緒に袋に入って売られていました!ちょっと日本とは様子が違いますが、間違いなくタケノコです


袋から出して洗ったタケノコです!

151117_1.jpg

このタケノコで作った筍ご飯はどんな様子なのか・・・早速お試しで筍ご飯を作ろう と思ったところまでは良かったのですが・・・

私はタケノコが大好きなので、筍ご飯を作る時に具材は大ぶりのタケノコとコク出しの油揚げを少しだけという、あくまでもタケノコが主役の筍ご飯が好きです!

なのでタケノコも煮付けずに、水煮の状態で炊飯器に入れます!タケノコはすでにスライスされてしまっているので、粗めにざく切りしました(・Д・)ノ

油揚げが家に無いので(←バリ島にはちゃんと日本の油揚げ売っていますよ~買ったことが無いだけで・・・)、タフゴレン(インドネシア豆腐の揚げ物)を入れようかと思いましたが、ちょっと思い直して、チビチビとケチ臭く使っているオリーブオイルを入れてみました!

ココナッツオイルも考えましたが、ココナッツオイルの香りがタケノコと喧嘩をしてしまうような気がしたので辞めました。

お米は残念なことにローカル米です~

塩、調理酒と日本から持って来た出汁、薄口醤油を入れて・・・筍ご飯を炊きました~

しかし・・・炊き上がった筍ご飯をK兄がこっそりつまみ食いをしたところ・・・タケノコがゴリゴリ状態でした

どうやら売られていたタケノコはだったようです・・・大失敗(ノ_<)

人間の先入観って恐ろしいですね・・・(゚△゚;ノ)ノ

刻まれて水に入っているタケノコ水煮されたタケノコと思い込んでしまっていたのです~ここはバリ島なのに・・・ ←タケノコを切っている時にも気づけないなんて・・・日本での生活が長すぎたのか?

まだタケノコをご飯に混ぜ込んでいなかったので、タケノコだけ取り除き味付きご飯を食べました~

でもですよ!驚きです!生のタケノコをぶち込んだ使ったおかげなのか、タケノコが入っていないのに・・・旬のタケノコで作った筍ご飯の味がします←やったー!じゃないか・・・

う~ん!久しぶりのこの香り~懐かしい!K兄も「なんかよく分かんないけど、筍ご飯の味がする!」とびっくりしながら食べていました~

しかし、失敗作なのには変わりません・・・翌日は取り出したタケノコについている米粒を洗い流して、改めてタケノコを出汁で柔らかく煮付け、煮汁ごと筍ご飯(他の材料は変わらずです)を炊きました!リベンジです


筍ご飯の完成品です~
ちょっとでだけきるおこげが嬉しい(/∀\*)
木の芽か刻んだ三つ葉があればな・・・


151117_2.jpg

これは・・・まさしく筍ご飯でした~!煮付けても硬いままの部分(多分タケノコの下の部分)もありましたが、次回は注意して取り除こうと思います(^∇^)ノ

でもタケノコの香りは、やっぱり最初に炊いた失敗作の方が断然良かったです~次は最初にタケノコを煮付けてから、筍ご飯を作ってみようと思います!

そしてバリ島でも作れましたよ!筍ご飯(」*´∇`)」

また市場にタケノコがあったら、絶対にリベンジします(。>ω<。)ノ←次はいつタケノコに会えるかな・・・こっちにもタケノコの旬ってあるのかな・・・?

というか・・・いつも海藻とかタケノコとかマイナーな食べ物ネタでスミマセン・・・



デュイがK兄の脱ぎ捨てた寝間着に潜り込んで・・・
まったりしています~

151117_3.jpg

片方だけ出している手も気になりますが・・・
アンニュイなこの表情・・・

151117_4.jpg

寝間着に包まれたまま動かないので・・・
大好きな棒を提供しました!

151117_5.jpg

相変わらずアンニュイなこの表情

151117_6.jpg

棒をパクッ!

151117_7.jpg

何か満足したようです・・・

151117_8.jpg


最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

プロフィール

シロブチ

Author:シロブチ


2014年9月にバリ島へ移住をしてきました。
現在は夫、猫の姉妹と共に暮らしています。
バリ島への移住についてや猫との暮らし、日々の事などを書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします!


una&dwi(ウナ&デュイ)




ウナ:白 ♀
デュイ:白黒牛柄 ♀

2014年12月に同じお母さん猫から生まれた正真正銘の猫姉妹(似ていないけれど笑)です。
ノラ猫一家の里親募集がきっかけでうちの子のなりました(^∇^)ノ

その時のブログはコチラです→昨年の今日、うちにやってきました!


  
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



スポンサーリンク
unnamed (3)
最新コメント
掲載していただきました

ねこのきもち2016年4月号

nekonokimoti.jpg

付録巻末ページ「ワールド・ねこ・ライフ from Indonesia」に掲載

我が家のお宝
una1.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→わんにゃん365 『ウナちゃん』 その1


una2.jpg Drawn by 吟遊紳士さん

制作過程はコチラから→色鉛筆講座 『ウナちゃん』 白の使い方 その1

リンク
最新記事一覧
それは突然の出来事だった・・・ストルバイト(クリスタル)-病院編 2017/06/25
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-お宿編(Puri Bayu 2 Cottages ) 2017/06/17
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-後編&ウナからお知らせ再び 2017/06/09
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-前編&里親募集のお知らせ 2017/05/27
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-予告編(それとちょっとだけ電気の話&ウナからお知らせ) 2017/05/21
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
Flag Counter
Flag Counter