合同ガベン(バリヒンドゥーのお葬式)-3日目

いよいよ合同ガベンも3日目で最終日になりました。この日は火葬を行い、故人はこの世と離れてやっと天へと召される日です。そして残された家族もやっとその義務を果たし長かったガベンは終了します。

その様子を今日は書きたいと思います。この日は午前10時に斎場へ集合です。めずらしく時間ピッタリに儀式が始まりました。

合同ガベン最終日は火葬を行うのですが、火葬に使用される棺は日本の棺とは大分違ったイメージの物で、カーストによって形状が変わり、ヒンドゥー教の神話に登場する動物の形をしています。


カーストがクシャトリア階級の棺です。
ルンブ(黒い牛)の形をしています。

150904_1.jpg

スードラ階級の棺です。
ガジャミナ(頭が象で体が魚)の形をしています。

150904_2.jpg

スードラ階級の棺です。
ミンガ(ライオンの王)の形をしています。


150904_3.jpg

この日はこの階級の故人しかおらず、ブラフマナ階級やウエシャ階級の棺はありませんでした。この7つの棺に昨日書いたグループ毎にお骨、衣類代わりの布、故人の愛用していた物や大切にしていた宝物等を入れます。

ちなみにスードラ階級の棺ですが、中に収める人数が多いとガジャミナ(頭が象で体が魚)にするそうです。ミンガ(ライオンの王)だと体が細くて沢山は入らないからという単純な理由の様です。


棺の中(何も入っていない状態)はこんな感じです。

150904_4.jpg

故人と縁のある女性は髪をほどいて、この棺の中に向かって髪を垂らし、手で撫でる動作を順番にします。故人への謝意を表すものらしいのですが、男性はやりません←シロブチはやりました!

棺の上にある天幕は、火葬をした時に出る煙が俗世の体を焼いた際に出るものなので、その穢れが天に直接昇ってしまわないようフィルターの役目をするそうです。


棺の上の天幕です。

150904_18.jpg

午前10時半頃より家族や親族が列をなして斎場から道路へと歩いて行きます。歩くルートは前回と一緒ですが、今日は船の模型は持ちません←外はまた渋滞ですね・・・

お骨、魂の入れ物、トゥコン(ガベン用のお供え物)、クリスという短剣(家宝)、衣類代わりの布、遺影、故人愛用の品等を持って回ります。ブラフマナ・クシャトリア階級の場合はチェンドラワシーという鳥も持っています。


150904_6.jpg

白っぽくフサフサしているのがチェンドラワシーという鳥です。
魂を天に導く役目です。


150904_5.jpg

午後12時前に行列が外から戻り斎場をしばらく回った後、お骨、衣類代わりの布、故人の愛用していた物や大切にしていた宝物等を棺に納めて蓋をします。棺の横にはトゥコン(ガベン用のお供え物)を添えます。

必要な物を入れ終わった後の棺です。

150904_7.jpg

午後12時半より少し前位に棺に火が点けられ、いよいよ合同ガベンのメインである火葬が始まりました!

棺が燃えています!

150904_8.jpg

150904_9.jpg

燃え尽きるまで15分前後かかります。
棺が多いので炎の煽りを受け、かなり熱いです

燃え尽きました~


150904_10.jpg

この後、昼食や休憩を取るために各自の家に戻ります。その間に係りの方(多分バンジャールのお世話係り)が燃え尽きた棺の所からお骨を拾っておきます。

午後2時頃に再び斎場へ戻ります。斎場に戻ると各棺毎にお骨はすでに分けられていました。複数のお骨が入っていた棺のお骨は人数分に等分します。

白いマントラが書かれた布の上に切ったバナナの葉を乗せて、その上にお骨を人型にして置きます。そのお骨の上に花やチャナンを乗せます。


人型に並べたお骨のほんの1部をの器に入れて聖水を足してすり潰します。

150904_11.jpg

親族皆が順番にお骨をすり潰していくのですが、この時は左手を使います。左手に古銭からできた輪を手首に通し写真真中にある棒で遺骨を擦ります←シロブチもやりました~


聖水でお骨を擦ることによりお骨は神聖な物へと変わります。親族皆がお骨を擦り終わった後、魂の入れ物の中へ流し入れます。

火葬後のお骨はこのお神輿の様な物に乗せられます。

150904_12.jpg

最終的にはの様になって海に流しに行きます。


150904_13.jpg

最後に皆でスンバヤン(お祈り)をして斎場での儀式は終了し、再度各自の家に戻ります。家に戻ったのは午後5時を過ぎていました。

少し休憩を取って、午後6時頃に海岸へ出発します。昔は徒歩で列を作り海岸へ歩いて行っていたのですが、現在は魂の入れ物(家族が持って行く)やお骨を乗せたお神輿の様な物も含めて車やバイクで移動します。


海岸へ着いたらスンバヤン(お祈り)が始まるまで待機です。
待機をしている間は談笑をしたりおやつを食べたりしていました。

150904_15.jpg

スンバヤン(お祈り)が終わったら・・・
お骨と魂の入れ物を乗せたお神輿の様な物を海に流します。

引き潮だったのでの様になってしまいました・・・

150904_16.jpg

満ち潮の時はゆら~りと海の彼方へ消えて行きます。
これで合同ガベンはやっと終了しました!


スンバヤン(お祈り)の後は必ず聖水をかけてもらい飲んだりして皆が終わるまで座って待っているのですが・・・さすがのバリ人も長くて疲れたようで聖水を待たずして帰ってしまう人が多数発生し、グダグダの終わり方でした。シロブチはちゃんと聖水を待ってかけてもらいました←だって何だかそうしないと落ち着かない

日本ではお葬式の後に自宅へ入る前にお浄めの塩を振りますが、バリ宅では台所の屋根に水をかけて、落ちてくる水を浴びてから家の中に入ります←何か汚いので腕にちょこっとだけ垂らしました

しかし今回の合同ガベンは本当に長くて疲れました・・・全て終わってクルンクンの実家へ皆を送ったのが午後9時前で自宅へは午後10時過ぎにやっと帰ってこれました

儀式中はほとんどが待機なので、皆談笑しているか食べているかスマホをいじっているかって感じで過ごします。シロブチはバリ語が全然ダメなので、ボーとしているか話しかけられ愛想笑いしているかスマホをいじっているかです^_^;

スマホがある時代でよかった~って位ほとんど何もしていません。ひたすら儀式が終わるのを待つのみです。これも人生の修行みたいなもんですかね・・・



本当に合同ガベン疲れました~
おやすみなさい

150904_17.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

合同ガベン(バリヒンドゥーのお葬式)-2日目

お墓の様な所から故人のお骨を斎場の祭壇へ移し、1日静寂の日を挟んで合同ガベン2日目となりました。その時の様子を書きたいと思います。

この日は午後1時半頃に斎場へ到着しました。
斎場と言っても野原の様な場所です


150903_1.jpg

K兄実家のバンジャールで祭事や儀式があると、親戚同士が大体同じ個所に座っています。そして決まりという訳ではないのですが、なんとなく男女が分かれて集まっています。

この様な場所に行くと私もK兄とは離れて、実家の義理姉や叔母達と一緒に座ります←適当な所でフラフラしていたり座っていてりすると必ず親戚に見つかって呼ばれます^_^;

斎場に入ると、1日目のガベンで清めたお骨が安置されている祭壇がまず目に入ります。祭壇にはお骨をグループ毎に分けています。その前に遺影が置かれています。

バリヒンドゥーには4階級のカーストがあります。カーストは通常時の仕事等ではあまり関係の無い場合が多いのですが、祭事や儀式の時には大いに関係してきます。

K兄実家のバンジャールでは、同じカースト内でもご先祖様の出身や元のカースト等でさらに細かくグループが分かれています。

祭壇にはお骨がそのカースト及び細かいグループ毎に分けられて安置されています。今回の故人25名は7つのグループに分かれています。

明後日の3日目に行われるガベンは火葬になるのですが、火葬の際にはこのグループごとにお骨が棺に納められます。


お骨が収められている祭壇です。
祭壇には遺影がグループごとに並びます。
手前にはお供え物が並べられています。

150903_2.jpg

意味は分かりませんが、必ずガベンの時にあるお供え物です

150903_3.jpg

なんとなく可愛い飾りですがよく見ると・・・
豚の干した皮+脂身と唐辛子でできています^_^;



今回のガベンにはガムラン隊も参加です!

150903_4.jpg

祭壇付近以外の場所でガベンに参加する人(かなりの人数)が待機をしてます。斎場の外れには数件の屋台や飲み物を売るお店が出ていました。

この中でひたすらお坊さんがマントラをずっと唱えています。ガベンの参加者は座ったり談笑したりして過ごしています。バンジャールのお世話係や直近の親族はこれから始まる儀式の準備で忙しそうに何かをしています。


プダンダという一番階級の高いお坊さんがマントラを唱えています。

150903_5.jpg

午後4時頃になるとおもむろに儀式が始まりました。まずは故人のお骨のところにマントラで清めた布2種類とガベン専用のトゥコンというお供え物が捧げられます。

布は故人の衣類に見立て捧げられます(実際に着せる訳ではありません)。1つは火葬用の白装束のような物(と言っても白と黒の布です)として、もう1つは天国での着替え用の布です。着替え用の布はきらびやかな柄や色で家族が故人を思い準備します。


お骨を運んだ道具に布を乗せて祭壇へ運びます。

150903_7.jpg

女性の頭に乗っている丸い入れ物がトゥコンです。

150903_6.jpg

午後5時を過ぎた頃、魂が入った入れ物を抱えた故人の家族を先頭に船の模型や遺影等を持って、家族や親族が列をなして斎場から道路へと歩いて行きます。

向かう先は故人が生前暮らしていた場所や所属をしていたお寺、1日目のガベンが行われたお墓の様な場所です。それらの場所の近くにある大きな交差点を3周位歩いて回ります←この時道路は確実に渋滞となります

この儀式は故人が生前お世話になった場所にこの世で最後のお別れの挨拶をするため、家族が導くというものです。

一通り大きな交差点を回ったら、最後にお世話になる火葬場=斎場へと戻ってきて、家族ごとに斎場の中をしばらく回って挨拶をします。

左の家族が魂の入れ物を持って先頭を歩きます。
その後ろに船の模型を持った家族が続きます。

150903_8.jpg

直近の家族ではなく、親戚であればこの行列に参加をしてもしなくても良いです。参加をする場合は自分の親族の列に入ります←当然か^_^;また、途中からの参加や離脱をしても問題はありません←こういうところがとてもバリっぽい

この行列は大体午後6時半頃まで続きました。

その後お坊さんのマントラと共に全員でスンバヤン(お祈り)をして、最後に聖水をかけてもらい2日目のガベンは終了です。

終了したのは午後7時頃でした。この後1日静寂の日(何もしない日)を挟み、いよいよ最終日の合同ガベン3日目となります。

はぁ~今日のガベンは長かったと思いましたが、3日目はもっと・・・ということで、次回は3日目の合同ガベンの様子を書きたいと思います。



おひとつど~ぞ

150903_9.jpg

にどうしても見えてしまいます^_^;

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

合同ガベン(バリヒンドゥーのお葬式)-1日目

私がまだ日本にいる時に、バリ島に興味を持っている友人や知人からよくバリ島(バリヒンドゥー)のお葬式について聞かれました。

バリヒンドゥーのお葬式はちょっと特殊なので、バリ島に興味を持った人はその特殊なお葬式の内容についても知りたくなるのだと思います。

なので、いずれはブログに今年の6月に行われた合同ガベンの事を書こうと思っていたのですが、写真や内容のどこまでをブログに載せていいのか考えあぐねていました。

しかし近々ガベンがあるようなのでその前に書きたかったのと、K兄に確認をしてブログに載せて良い写真や内容のすり合わせができたので、今日から書きたいと思います。

但し私もバリヒンドゥー初心者で、儀式の流れを見て説明をK兄から聞いているだけなので、バリ人でも難解な儀式については解釈の間違いなどあるかもしれません。その辺はご容赦下さいますようお願いいたします。もし間違っている部分があれば教えて頂けますと幸いです。

だいぶ前ですが、K兄が所属する実家のバンジャールにて合同ガベンがありました。6月23・25・27日の3日間に渡ってのお葬式になります←バリ島では一般的な日数のようです。

このガベンで弔われる故人は25人です!近年のガベンの中では大きな合同ガベンになります。

3日間をかけてガベンを行いますが、準備自体は2週間~1ヶ月程かかりますので(ガベンの規模によります)、ガベンを行う事は大変な時間と労力とお金がかかります。それでも昔に比べると大分簡素化したようです。

まず、バリヒンドゥーのお葬式ですが、大きく分けて合同で行う場合と個人で行う場合があります。

その分け方ですが、様々な事情により一概にコレという物はありません。例えばその方の亡くなったタイミングや経済状況、カーストやガベンにかけられる手間、バリカレンダーとの兼ね合い、ガベンのタイミング、お坊さんの都合やバンジャールのシステム等ちょっとあげたら切りがない感じになります。

次にガベンのやり方や内容はバリ島の地方やバンジャール、カースト、お坊さん等によっても違ってきます。

これから書く内容はあくまでもバリ島におけるガベンの1つとしてお考え下さい。

また、1日目の内容はバリヒンドゥーのお葬式を全く知らない方にとって衝撃的な内容になります。お墓のような場所からの話になりますので、苦手な方はスルーをして下さい。1日目の写真はとてもブログには載せられないので、衝撃的な写真等は載っていません。

但しバリ人にとってこの儀式は衝撃的な物でもなんでもなく、昔から受け継がれている一般的な儀式の内容になります。

K兄実家のバンジャールでは、ガベンを行う際のお金や手間をなるべく省きシンプルに行うため、2~3年に一度大きな合同のガベンを行います。もちろん個別に行う方もいますが、タイミングがあえば大体のご遺族はこのガベンで故人を弔います。

個人のガベンは亡くなってからすぐに行う場合が多いのですが、合同ガベンの場合は亡くなってすぐにという訳にはいかないので、お墓の様な場所にご遺体を一時的に埋めておく必要があります(合同ガベンを行うタイミングで亡くなった場合は埋めません)。

1日目ですが、今回は午前2時にご遺体を一時的に埋めているお墓の様な所から始まります。そしてここからガベンがスタートします。

夜中から儀式を始めて夜明け前までに終わらせることで、眠っている故人の魂をガベンで弔うために、夜明けと共に眠りから覚ます意味があります。

そしてこの日までに遺族はl故人の魂を入れておくための入れ物を作っておきます。


魂の入れ物です。

150902_1.jpg

まずはガベンを行う事を告げる意味と故人の魂が彷徨わないで魂の入れ物に収まって無事天国へ行けるようマントラとお祈りを捧げます。

お墓の様な場所にはご遺体が埋まっています。このお墓のような場所はガベンを行うまでのご遺体の一時保管場所になっています。

穴を掘り、今回ガベンで弔うご遺体を取り出すためにご遺体に白い紐を巻きつけ一番近い親族がまずは引っ張り上げます(起きて~お葬式するからね~って感じのノリです)。その後は来ている親族も参加してご遺体を拾います。

ご遺体を拾った後の穴には、お供え物と生きた鶏(鶏は大体持ち帰ります)を入れて、故人の身代わりとして捧げます。穴は埋めずに開けておきます。

ほとんどのご遺体はお骨になっていますが、お骨になっていない場合は、その場で取りあえずの火葬を行いお骨にします。お骨は親族で水とアランアランという草で丁寧に清められます。

清めたお骨は白い布に包み、斎場の祭壇へ移されます。

その後魂を入れた入れ物を家族が持って、お坊さんが指定する場所へ行きます。その場所は自然の中の綺麗な水がある場所になります(山や川など)。

魂の入れ物に自然の綺麗な水をかけます。この儀式で故人の魂はこの世に別れを告げて天へ向かう準備をします。この世での最後の旅行みたいな感じです。

この様な流れでガベン1日目は終わります。翌日は静寂の日として何もせず、ガベン2日目は翌々日となります。次回はガベン2日目の様子を書きたいと思います。



デュイはよく段差に頭を乗せて寝ています・・・

150902_2.jpg

肩こりそう~

150902_3.jpg

小さい時はよく・・・

150902_4.jpg

ご飯のお皿に頭を乗せて寝ていました~^_^;

150902_5.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


スポンサーリンク

unnamed (2)

プロフィール

シロブチ

名前:シロブチ


2014年9月にバリ島へ移住をしてきました。
現在は夫、猫の姉妹と共に暮らしています。
バリ島への移住についてや猫との暮らし、日々の事などを書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします!




una&dwi(ウナ&デュイ)
ウナ:白 ♀
デュイ:白黒牛柄 ♀

2014年12月に同じお母さん猫から生まれた正真正銘の猫姉妹(似ていないけれど笑)です。
ノラ猫一家の里親募集がきっかけでうちの子のなりました(^∇^)ノ

その時のブログはコチラです!




  
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へにほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

広告
unnamed (3)
最新記事一覧
今年はウブドで開催!魅惑の第二回猫女子会-予告編(それとちょっとだけ電気の話&ウナからお知らせ) 2017/05/21
ご報告が遅くなりすみません!すっかり良くなりました! 2017/05/14
今回もご報告のみになってしまいました。 2017/04/25
お久しぶりです!今回は近況報告です! 2017/04/17
ウブドの散歩道 2017/03/25
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
Flag Counter
Flag Counter