いよいよこの時がきてしまったか~(人間編)

先週オダランでクルンクンの実家へ帰った際、以前このブログにも書いた例の叔母が話をしていたのですが・・・

叔母がシンガラジャに住んでいるK兄の兄弟(長男)に預けていた息子(=K兄の従弟だけど親子程の年齢差)が無事就職をしたという内容でした(^∇^)ノ

まぁ、それで話が終われば「よかったね~何かお祝いでもしなくちゃね♪」で良いのですが・・・

就職先はバドゥンで、どうやら私達が住んでいるジンバランにほど近いということでした・・・現在はもうバドゥンのどこかに友人と住んでいるとのことです(・Д・)ノ

この段階でバリ人のご家族をお持ちの方や、バリ人と親しくてバリ人の習性をよく御存じに方には、もう私が何を言わんとしているかがお分かりだと思います(ノ_<)・・・嫌な予感しかしませんよね・・・

叔母の話では、まだ就職したばかりでお給料もそんなにはもらえないはずなのに、コスの家賃など大丈夫なのかを心配していました。K兄も「もし生活が大変なら可哀想」とかなんとか言っちゃってたりしました(*`ω´*)

K兄は「バドゥンであの会社なら絶対にうちから近いはずなのに、何で連絡がこないのか・・・」と不満を抱きつつ心配をしていました←いや、別にわざわざ連絡しなくてもいいんじゃないか(=゚ω゚)ノ

その従弟はシガラジャやクルンクンのような田舎ではなく、都会の生活にどうやら憧れを抱いた様子で、←いやバリ島自体が田舎だろう友人の誘いもありその会社に就職をしたようです。

この様な場合、親戚(しかもK兄はごく近い親戚)が近くにいれば、必ずやアポなし突撃自宅訪問があるはずなのですが・・・

一向にその従弟からの連絡は無く「珍しいなぁ~バリ人らしくないけど、最近の若い子はそうなのかな?」「まぁ、親戚に何かと頼ろうとするバリ人ばかりの中、甘えが無くて男らしくていいじゃないか!」と私だけはちょっとホッとしていました~(* ´ ▽ ` *)

K兄には「彼は若いし都会に憧れてこっちに出てきたんだよ!」「親戚のおっさんといるよりも、友達といた方が楽しい年頃なんだよ~」「うちに来たかったら真っ先に連絡してくるはずだから、今は来たくないんだよ~」となだめて(?)無理して家に呼ばないよう、釘を刺し話をしました(・Д・)ノ

K兄は腑に落ちない様子でしたが(←頼られたくてしょうがない)納得はしたようで、若いしそっとしておいてあげようということになりました

話しは変わりますが、いろいろな方もブログに書いていらっしゃいますが、バリ人(というかインドネシア人?)は誰かの家に行く際に、前もって約束をして時間通りに訪問をするということを余りしません(。>ω<。)ノ

今から行くからと急に連絡を入れてきたり(←まだ良い方)、訪問先の家の前で遊びに来たよ~と連絡を入れて来たり、何の連絡も無く突然家に来たり、明日家に行くからね~と前日に連絡を入れておきながら来なかったり(←もちろん今日は行けないとかの連絡は無し)というノリです。

時間も深夜・早朝お構いなしで、突然の訪問なのに家族全員+親戚の大人数でやって来たりもします

日本人の場合、家族で集まる時でさえ、よほどのことが無い限り大体1週間~3日前位には訪問する人数や時間などの連絡を入れて、お互いの都合など含め日時の調整をしますよね!

バリ人(インドネシア人)にはそういう習慣がないので、日本人としては突然の親族や友人の訪問に度肝を抜かれますΣ(´Д`*)

夜中や早朝に突然くる連絡や親族・友人の訪問に怯え(こちら側が何も準備が出来ていなかったり、寝ようとしていても全くのお構いなし)、そして前もって珍しく○日に行くよ~等と連絡を入れてきたので、食事やお菓子の準備などをして待っていると、家にも来ないし連絡も取れないというような彼らの行動に、大抵の日本人は翻弄されます

しかし彼らには全く悪気はないので、いつもこの繰り返しになり・・・日本人もあきらめがついて、いつの間にやら慣らされてしまうということに・・・

因みに前もって連絡を入れて欲しいと懇願しても、無駄な努力に終わることがほとんどだと思われます( ̄^ ̄)ゞ

K兄の会社の同僚も早朝に突然我が家に来て、コーヒーを飲みながらおしゃべりをして、仲良く一緒に会社へ出勤なんて事もあります。本当に信じられません!日本じゃありえません!仕事前なのに随分な余裕ですよね(゚д゚)

まだ寝ている時に突然やって来るので、私の場合はパジャマでノーブラ、顔すら洗っていないという状況がほとんどです。そんな状態で夫の会社関係の人と会える日本人女性っていますかね・・・?(゚△゚;ノ)ノ

なので、K兄の会社の同僚が早朝の突撃訪問をしてきた場合は、K兄と一緒に出勤して家を出て行くまで、挨拶もせずに寝室でずっと時が過ぎるのを待っています~((´・ω・`;))←扇風機は持って行かれ扉も閉め切るので暑いし、トイレにも行けない・・・

おっと・・・愚痴が長くなってしまいましたが、今朝も居間から聞こえる男性2人の話し声で目覚めましたΣ(゚Θ゚)

言葉が全くチンプンカンプンだったので、恐らくバリ語・・・会社の同僚か?でもオールバリ語・・・いつもならインドネシア語も混ざっているのにおかしいなぁと思いましたが・・・

出勤時間を過ぎているのに、K兄ともう1人の男性は会社に行こうとしません・・・私はいつになったら寝室から出ることができるのだろう・・・トイレにも行きたいo(o・`з・´o)ノ

居間の隣の寝室に居るのに、たまらずK兄にLINEで「いつ会社に行くの?」と連絡を入れると、既読をしているのに返信なしヽ(`ω´*)ノ彡☆マジムカツク!

しばらくしてK兄が「挨拶くらいしてよ~」と寝室の扉を空けました!ノーブラなのでビビった私!その視界の先に居たのは・・・例の従弟でした~Σ(゚Θ゚)

ああ・・・とうとう来てしまったのね・・・若いとか関係ないのね・・・やっぱり君もバリ人なんだね・・・

どうやら1度だけ来た事のある私達の家へ、記憶を頼りに早朝から探しまくってやっとたどり着いたそうです(もちろん到着するまで連絡なし)・・・(°_°)

早朝ならK兄もまだ出勤せずに、家にいるだろうと考えての突撃訪問です ←そんなにまでしてうちに来たいかね~Σ(´Д`*)

そんな彼の行動に、すっかっりうれしくなったおっさんK兄は会社に遅刻の連絡を入れて、早朝から二人でおしゃべりをしていたそうです←マジ、日本じゃありえねー

そして、その従弟は現在クタに住んでいるそうで・・・仕事が遅くなったらクタへ帰るより、我が家の方が会社に近いからまた来るね~と言って帰って行きました・・・

K兄も従弟のために納戸として利用をしている部屋の荷物を2階へ移動して、いつでも従弟が泊まれるように部屋を開けると言い残し、会社へ出勤して行きました~

あ~ぁ・・・今まで虫、カビ、雨漏り、貧乏などには悩みましたが、親戚関係では比較的平和な引きこもり生活だったのに・・・これからは平和じゃない引きこもり生活になってしまうんだな・・・いよいよ恐れていたこの時が来てしまいました~(つω-`。)

っていうか・・・もし我が家に従弟が入り浸りとかになったら・・・食費とか光熱費もかるよね?そんな余裕うちにあるのか!?ヽ(`ω´*)ノ彡☆イケメンだからまぁいいか・・・ 



また洗濯ネットがウナに襲われて・・・
変な状態で引っかかっていました・・・

151023_6.jpg

中にウナが入り込んでいます~

151023_5.jpg

バリ島のホテルによくある天蓋ベッド気取りですか~?(-∀-)

151023_4.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

どうしても理解不能な習慣

K兄に何回も説明してもらいましたが、私にはどうしても理解できないバリ人の習慣があります。バリ島は地域やカーストなどの出身によって習慣などはかなり違うので、ひょっとするとK兄の家族関係だけの習慣かも知れないのですが・・・

バリ人は結婚をした場合、妻は通常夫側の家に入ることになります。なので基本的には夫の実家に入ります。

実家に住むと職場が遠くなってしまう場合はコス(アパート)に住んだり、お金を持っていて自分達の家を買って住む人もいますが、そうではない場合、夫の実家が新しい住処となります。

特にカンプン(田舎)では職場も地元という人が多く、さらに奥さんも地元出身となれば、確実に夫の実家へ住むことになります。

この話はK兄の実家の話になるのですが、K兄の実家では複雑な状況になっている親戚がいます。

K兄の父(義父)の一番下の弟(K兄からは叔父にあたる)は大分昔ですが、事業に失敗し借金を作って他の島へ逃げてしまいました。

もちろん結婚はしていて、奥さん(実家はタバナン)と当時小学生だった子供2人(兄・妹)を置いて音信不通の行方不明になったのです←この子供達はK兄の従妹になりますが、私たちの子供でもおかしくない位の年齢差があります。

当時ですが、当然叔父一家もK兄の実家に住んでいました。奥さんは専業主婦で収入が無く、小学生でまだまだお金のかかる子供達2人はK兄の兄弟である長男が引取り、シンガラジャでK兄の長男夫婦に育てられました←自分達も子供が2人いるのに・・・凄いって思います!

今ではその子供達も随分と大きくなりましたが、専門学校等の関係から今だにシンガラジャで長男一家と暮らしています。

子供達の生活費やら学費もK兄の長男が全て面倒を見ています。ついでに義母も長男宅が気に入っているので、ほとんど長男宅に入りびたりです←長男の奥さんは本当に懐が深いな~と尊敬してしまいます

えっ!子供達のお母さんは?どうしているの?となりますよね・・・その奥さんは夜逃げした叔父とはすぐに離婚し、今もK兄の実家に住んでいて、祭事等でクルンクンの実家に子供達が帰省してきた時だけ一緒に過ごしています←コレコレ!

そうです!私にはどうしても奥さんが元夫の実家にずっと住んでいる事が理解できないのです←子供達とも一緒に住んでいる訳ではないしね!

だって、普通に考えて旦那さんの実家で姑や旦那の兄弟とその嫁、甥っ子やその家族達と住むのは気まずくないですかね?どうせ住むなら自分の実家で自分の親と住みたくないですか?その方が自由に気兼ねせず暮らせると思うのですが・・・

私が同じ状況で、自分の親がいる実家があれば確実に子供を連れて実家に帰ります。私の場合、実家はもう無いのですがそれでも旦那の兄弟と一緒に住むのは考えられません。絶対に何がなんでも仕事を見つけて旦那の家を出ます

あっ、私はその奥さんを責めている訳ではないですよ。良い人でK兄の実家に行く度にお世話になっています。

ただすごく不思議なんです。どういう気持ちなのかな~って・・・←但しその奥さんはK兄実家の家族に気兼ねしている様子は全く無いですけど

もしかして、バリ島ではお嫁に行って実家を出た場合、二度と家の敷居をまたぐなとか言われるのかな?それとも出戻りにはご近所の目が冷たいとか?←カーストが違う人と結婚したり、駆け落ちをした場合はそういうこともあるみたいです^_^;

自分の実家に戻れない何らかの理由があるのかもしれない・・・と思いました。

そこでK兄に聞いてみたのです!「あの奥さんは何でクルンクンの家にずっといるの?自分の実家には戻らないの?」と・・・

K兄の答えは「多分自分の実家には戻らないよ・・・だって旦那の家の方が居心地が良いでしょ?」とのこと!えっ~?どういうこと???

よくよく聞いてみると、カーストも一緒だし実家に帰る事は何も問題は無く、今のご時世で出戻りだから近所の目が気になるとかも無いそうです。ましてや実家の父母は自分の娘なんだからむしろ帰ってきて欲しいと思っているとのことです。

そしてその奥さんが自分の実家に帰らない理由は単に「旦那の実家の方が居心地が良いから」というだけです。「普通そうでしょ」とK兄は言っています。

いくら自分は悪くないとしても、旦那の借金を肩代わりし子供たちにお金を払ってくれている甥っ子の長男&嫁とも祭事の度に顔を合わせないとならないし、姑や旦那の男兄弟と住むなんて気まずいだけでとても居心地が良いとは思えません!

そしてその奥さんに限らず、バリ人の女性ほとんどがそういう考え方だと言うのです!←ホントなのか?だとしたら驚愕の事実なんですけど

旦那の実家が居心地が良いとは?どういう理由から?お金とかそういうこと?とK兄に聞いても「え~普通そうだから理由なんてないし考えたこともない位当たり前だし・・・旦那の家の方が居心地良いのが普通でしょ」と言うだけで何回聞いても話になりません。

因みに金銭的な理由ではないそうです(確かに奥さん側の実家が金持ちの場合もあるしね)。全然理解不能です。

私の友人達(ほとんど既婚)にも聞いてみましたが、旦那の実家の方が居心地が良いという人は0%でした!皆同じ状況なら自分の実家を選ぶそうです。

私がどうしても理解不能なバリ人の習慣・・・それは夫と死別または離婚をした場合、自分の実家に戻るよりも夫の実家にそのまま住むことを希望し、尚且つその理由は
居心地が良いからです。

ひょっとして・・・K兄の家族も私が離婚したりK兄と死別をしたら、当然クルンクンの実家に住むと考えているのか?←絶対ないなぁ~



やけに静かだなと思ったらまたこんなところに・・・

どう見てもデュイが後からネジリ入った感じですw

150831_1.jpg

ウナ「狭いよ~」

150831_2.jpg

あれ!ウナも寝ちゃったw

150831_3.jpg

おやすみ

150831_4.jpg

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しています!よろしければポチっとにゃーお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーリンク

unnamed (2)

プロフィール

シロブチ

名前:シロブチ


2014年9月にバリ島へ移住をしてきました。
現在は夫、猫の姉妹と共に暮らしています。
バリ島への移住についてや猫との暮らし、日々の事などを書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします!




una&dwi(ウナ&デュイ)
ウナ:白 ♀
デュイ:白黒牛柄 ♀

2014年12月に同じお母さん猫から生まれた正真正銘の猫姉妹(似ていないけれど笑)です。
ノラ猫一家の里親募集がきっかけでうちの子のなりました(^∇^)ノ

その時のブログはコチラです!




広告
unnamed (3)
最新記事一覧
バリヒンドゥーの結婚式特集③友達の結婚式編-前半 2017/02/21
バリヒンドゥーの結婚式特集②結婚式本番編 2017/02/14
バリヒンドゥーの結婚式特集①お嫁さんを迎えに行きます編 2017/02/08
2年越しの想いがやっと叶った!--- 新年会2017 in スカイガーデン --- 2017/02/01
幼なじみがバリ島へ④~バリ・サファリ&マリンパークは象がいっぱい&最終日編~ 2017/01/26
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
Flag Counter
Flag Counter